FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『マンモス』

マンモス [DVD]マンモス [DVD]

アット・エンタテインメント 2006-11-02
売り上げランキング : 111084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆☆☆☆☆
これがゼロになるまでにあのマンモスを取り押さえるか退治することができなければ、
町全体が爆破されることになっている

4万年の眠りから目覚めたマンモスが現代に甦るモンスターパニック。ルイジアナ州ブラックウォーターのある暑い夏の日の午後。炎と轟音と共に落下した隕石が自然史博物館に展示されていたマンモスに激突。その衝撃から凶暴なマンモスが目覚めてしまう。マンモスの暴走を抑止するために政府の特別捜査官らは現場に向かうが……。(2006年 アメリカ)


地上波で放送していたので視聴。
 素人作成のようなマンモスのハリボテCG(しかも動きがカクカク)が違和感満載で、CMの段階から既にC級未満の気配が壮絶にしていたのですが、実際に見てみるとこれが想像以上の――いや、想定範囲を余裕で下回るクソ映画でした。5段階評価の許容限度を超えて、6段階目として星0評価を新設させるほどのレベルです。
 『プレデターX』『怪獣大決戦ヤンガリー』に次いで“クソ映画 四天王”の第3作目(もう1作は未定)はこれで決定でしょう。そのくらい酷い。むしろ非道い。

 まずこれ、モンスター・パニックのフリをしているのですけど、コメディなんですよ。内容が笑えるとかそういう意味ではないですよ? 作風からしてきちんとコメディの体裁を取っているので、酷さに笑えるとかそういう意味ではありません。
 たとえば、メモを捲ったりサングラスを外すときにいちいち「しゅっ!」みたいな効果音はつけるし、主人公の娘の部屋の窓から外に出ようとした恋人が屋根から転げ落ちる(この映像の時点であり得ない)場面では妙ちくりんなBGMが流れる。コントかっ!
 極めつけは過去に宇宙人に切り落とされ、彼らに乗っ取られた人間の“手”が冷凍保存されている上に、あろうことかそれを電子レンジで解凍。『ゲゲゲの鬼太郎』のリモコン手さながらに手が動き回り、わけのわからないその動きに字幕の訳文まで付けてくる。この過去パートも本当に描写がギャグそのもので。
 それで笑えるかと訊かれたらまず答えがノーだからタチが悪い。
 
 マンモス映画のハズなのにエンタープライズ NX-01 みたいなデザインのUFOがいきなり出てくるスケール感も意味不明。妙にカッコ良いオープニング音楽もまず違和感。マンモスには宇宙人が乗り移って操っているといっているのに生物学的に貴重でどうのとかいう主人公。CG班の体力温存のために極力出てこないマンモス。不自然な大きさ。マンモスが出ても町は相変わらず長閑で危機感皆無。そのくせマンモスを退治できないなら町ごと爆破するといい、それほどの重大事にも関わらず動く人間はたったの2名。んで、死ぬ人は死ぬと。

何なのこれ? 助けてよ! あのオチとかさ!!
意味がわからない。シリアスなのかコメディなのかすらも判別できないんですけど。
これはB級パニック好きの私でもムリでした。制作費のムダ。テレビ映画だからとか理由にならないから!
え、ジャケ写がカッコ良い?
はぁ? こんなんまったく出てこねぇし。



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析