積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

7×5=?

第143回直木三十五賞候補作品が発表されました。


第143回直木三十五賞候補作品決定!(文藝春秋 HP)




なんと、わが愛しの
万城目学『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』もノミネート!


で、す、が。
確かに『かのこちゃん』は素晴らしい作品には違いありません。
個人的にも今年読んだ小説のナンバー2
さらには生涯マイベスト10の第8位につけるほどの名作。

けど、ちょっと直木賞には荷が重いんじゃないのかい?
決して派手な物語でもなく、悪くいえば没個性。

『かのこちゃん』は大好きな物語ですが
これが直木賞です、と渡されて読んだなら
たぶん微妙な表情になると思います。

良い話だったけど、なんで直木賞獲れたの?みたいな。
これぞ!という独自性と
物語的起伏にはそう富んではいませんよね、『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』

しかも媒体が新書。


この作品って、賞とかがついているから読む本ではなくて
出逢うべくして“出逢って”読む本だと思います。

自分の意志で手に取るからこそ、感動もひとしお。
ううむ。
言葉にするのが難しい……。


要するに
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』のゆったりとした物語に
直木賞という大看板はあまり似つかわしくない気がするのです。
ともすれば外的な要因で作品の雰囲気を壊しかねない。

異論は大いにあるでしょうけれど
そういったものとはいちばん無縁の素朴な世界だからこそ良い、というのはあると思います。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析