積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『ダイ・ハード3』

ダイ・ハード3 (期間限定生産スペシャルパッケージ) [Blu-ray]ダイ・ハード3 (期間限定生産スペシャルパッケージ) [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-01-23
売り上げランキング : 79585

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
バカ言えよ、マクレーン
まだ生きてるだろうが

N.Y.の5番街。朝の買い物客で賑わうデパートが突然爆破された!サイモンと名乗る爆弾テロリストが爆破場所を地下鉄、小学校と次々に指定し、N.Y.市民を巻き込んだ爆破計画を敢行する。その予告爆破を阻止すべく、またまた“あの男”が立ちあがった!(1995年 アメリカ)


「ダイ・ハード」シリーズ 第3作。
先々週くらいに地上派放送していたので録画。
 「ダイ・ハード」を「ダイ・ハード」たらしめているものは、援軍の望めない限定条件下の特殊な舞台設定の中、ダメダメな男が自分の不遇さを散々ぼやきつつ、愛する家族のために血塗れ汗塗れ泥塗れになりながらもたったひとりで果敢にテロリストに立ち向かっていくところでしょう。常にぎりぎりでスマートなやり方からは懸け離れたその姿は決してカッコ良いとは言い難いけれど、だからこそカッコ良い。
 その点、本作はそれらの要素をすべてどこかにかなぐり捨て、舞台は大都会、バックアップの警察官も大多数いれば、共に事件に立ち向かう相棒もいます。嘆き担当は大体においてこの新参の相棒になるので、物語はもはや不死身の男ジョン・マクレーンの英雄伝説と化しています。
 おまけに『2』であれだけ良いエンディングを演出してくれた妻のホリーとも再び疎遠に。『マクロス7』で倦怠期・別居中設定にされたマックスとミリア並みに見たくもない後日談です。
 そんな余計な設定を作っておきながら結局、マクレーンに電話させて、それでちょっと良い話でしょ、みたいな?

 観 客 ナ メ ん な 。  


 別に私は『ダイ・ハード』に思い入れも何もないですし、脚本のバッティングがどうのとかの都合も知らないですけど、それでもこれは“続編”にするべきじゃなかった。矜持を失ったら作品はそれでお終いですよ。

 ただ、これでつまらなかったらそれはそれで良い(のか?)ですが、この作品はノンシリーズもののアクション映画として見れば普通に面白いからタチが悪い。テロリスト集団の真の目的や、いっそ清々しいくらいに大胆な目的達成手法など、いかにも大作アクション映画らしいド派手な演出の数々。マクレーンとゼウスの掛け合いに我鳴り合い。うん、正直見ていて楽しいです。つまらないとはとても言えません。

そんな困ったちゃんな『ダイ・ハード3』
評価はやっぱり前作同様、★×3を付けざるを得ないのでした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析