積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

バーナード・ベケット『創世の島』

創世の島創世の島
バーナード ベケット Bernard Beckett

早川書房 2010-06
売り上げランキング : 387690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
俺はおまえとはちがうとわかっている。それで充分だ
21世紀末、世界大戦と疫病により人類は死滅した。世界の片隅の島に大富豪プラトンが建設した<共和国>だけを残して。時は流れ、いま、アカデミー入学をめざすひとりの少女の4時間に渡る口頭試問が行われようとしていた。彼女の口を通して語られる<共和国>建設の経緯やその社会構造、歴史、AIの問題――新たなる「創世」に秘められた驚天動地の真相とは……。


いつまで経っても表紙画像が出ないAmazonに、海より広い私の心も、ここらが我慢の限界よ!
すみません。言ってみたかっただけです。……本当にごめんなさい。

 気を取り直して。『創世の島』、ミステリ好きも楽しめるSF小説でした。それ以前に、そんなことは関係なしにしても相当、面白かったです。現時点での今年のベスト10には余裕で入るくらいに。
 作風は極めてトリッキー。物語内の時間は試験が始まるところからスタートし、最後のページで試験終了。つまり、この4時間の間にあった主人公・アナックスの口頭試問の様子を延々と描いているだけの小説なんです。そんな具合だからアナックスが試験部屋から出るのも休憩の時間のみ。物語の大部分は動きのない会話だけで構成されています。そこで著者は大胆にも地の文の殆どをばっさりと切り捨て、

試験官 はじめる前に、なにかきいておきたいことは?

アナクシマンドロス なにが正解なのか、おききしたいです。


――と、極めて脚本的な書き方を採ります。
 しかもこの手法が単純に文章の簡略化ではなく、物語上の必然性を持っているところがポイントでしょう。
 途中、“試験のために作った再現映像”としての過去パートが挿入されるものの、ともすれば退屈になりがちな架空の歴史学試験の“会話”だけで読み手を惹きつけるというのは、そうできるものではないと思います。
 試験課題である、<共和国>の歴史に大きな影響を与えた“アダム・フォード”の物語、アナックスと試験官の間で交わされる哲学的なやりとり――そのすべてが面白く、また興味深い。特にアダムが最終的に何をしたのかがわからないまま物語が進んでいくので、全貌がとにかく気になって仕方がない。

 ちなみにダン・ブラウン『ロスト・シンボル』では科学を突き詰めていくと宗教学に至るという見解が提示されましたが、本作では科学を論じているつもりがいつの間にか哲学に、それもごく自然な論理展開で語られます。なるほど、アンドロイドがケイ素で人間が炭素なら、その違いはどこにあるのか? 周期表で“特別”扱いが生まれて良いのか? など、『鷲見ヶ原うぐいすの論証』を読んだときにも感じたのですが、基本的にこういった論議が好きなんですね、私。
 感性的にも非常に合った本だったので、今後この作者の別の作品が訳されたなら、間違いなく読むと思います。

 さて。本作においてはラストの〆め方に触れないわけにはいきますまい。

(以下、核心部分のネタバレあり)


 ミステリ好きも楽しめるというのはまさしく例の叙述トリックの部分で、アナックスはじめ試験官等々登場人物が総じてアンドロイドだったという展開に他なりません。
 私の場合はミステリを主体に読んでいるせいか、いつの間にやらその手の勘がよく働くようになっていたようでオビの“とくに、あの最後の数ページの衝撃!~”の煽り文を読んだ瞬間に、ん?叙述系?と勘付いて、そこから逆算して既に冒頭部分で登場人物=アンドロイドは予測していたのですが、よもや人間全員死滅でアンドロイドのみが生きる世界だったとは……。普通に共存しているのかと思った。
 そして“試験”自体の目的――即ち、アダムの思考を受け継いだ突然変異を始末する、という展開はさすがに予想外でした。ここらへんも読み返してみるとわかるのですが、アナックスが試験中にアダムの考えを推察したときに“わたしは”と自己投射した時点で、既に危険因子の発露であったというのが非常に周到。

 思考の感染に関してもアダムとアートの間で散々に交わされた議題であり、そこをラストのオチに繋げたところも上手い。一見するとアンドロイド側の勝利にも思えるこのラストですが、アートはアダムを利用して自分の目的を達成したけれど、同時にアダムも思考の感染によってアートを支配し、結果として後々まで自分の分身を残すことになる――そう考えると必ずしもアートの計らいは成功したとはいえず、逆に生きられる時が限られる人間が、アンドロイドの体に思考を伝播させることで永遠の命を得たとも汲み取れるわけで。

なかなか一筋縄ではいかない、奥の深い物語でした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析