積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『アイ,ロボット』

アイ,ロボット [Blu-ray]アイ,ロボット [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-05-11
売り上げランキング : 13039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
人間ならわかったハズだ
ロボットに心はない、ただの光る機械だよ

2035年のシカゴ。ロボットは人間の日常生活に欠かせない存在となっており、人間とロボットの共存は、三原則によって守られていた。一. ロボットは、人間に危害を加えてはならない。一. ロボットは、人間から与えられた命令に服従しなければならない。一. ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。ある日、ロボット開発の権威である科学者が謎の死を遂げる。その死にロボットの関与を疑ったスプーナー刑事は、ロボット心理学者カルヴィン博士の協力のもと、その謎を究明していく。そして、想像を絶する恐ろしくも巨大な陰謀に巻き込まれていくのであった……。 (2004年 アメリカ)


 アイザック・アシモフが提唱したロボット工学三原則をテーマとして扱った作品。一応、原作はアシモフの『われはロボット』ということになってますが、あくまでもコンセプトに用いた程度であらかたオリジナルの脚本によるものだそうです。そうやって見ると、タイトルの『アイ,ロボット』は単純に原作の名前そのまんまを付けたわけでなくて“尊敬すべきアシモフの『われはロボット』から取りました”と解釈するのが良しでしょう。

 博士はなぜ死んだのか?絶対不可避の三原則をプログラムされているハズのロボットが殺人犯と成り得るのか?真犯人は誰なのか?という謎を軸に、前半は話が進みます。 あらすじだけ追うといかにもミステリなSF映画ですが、結果から言ってしまえばそれらは別段推理が必要なものでもなく、物語の主題でもありません。
 本作の核心部分――テーマは主に後半で如実な形となって描かれます。つまり、ロボット三原則はどうあるべきか?これに尽きるでしょう。原典となる一文があって、それをどう解釈するか。解釈の仕方次第ではどのようにもなり得るというところが、単純なようで難しい。ある意味、日本の憲法論争なんかにも近いかもしれません。

 そうして考えると、本作ではかなり理想的な解決をさせたと思います。無機質な合理性だけで判断せずに“こころ”に依って、互いを思いやることで世界は平和になるんじゃない?みたいなメッセージで。
 しかし、ロボットの夜明け=感情の芽生えとも見れるあのラストは、同時に大きな不安を残していったようにも感じられます。他とは明らかに違う先駆者的なひとりのリーダーが群集の先頭に立っているこの構図、『猿の惑星』第4作『猿の惑星 征服』を彷彿させるんですよね。リーダーに触発されて知恵を得た彼らは次に何を思うのか?たぶんそれはロボットを軽視する人間に対する不満であり、いずれ確実に衝突が起きるでしょう。それを考えると、例のラストを安易にハッピーエンドだとは、どうしても捉えられないところがありました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。