FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

天祢涼『キョウカンカク』

キョウカンカク (講談社ノベルス)キョウカンカク (講談社ノベルス)
天祢 涼

講談社 2010-02-05
売り上げランキング : 443521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
――俺がヘイスティングズだって?
そいつは間違いなんだよ、音宮美夜。

女性を殺し、焼却する猟奇犯罪が続く地方都市―。幼なじみを殺され、跡追い自殺を図った高校生・甘祢山紫郎は、“共感覚”を持つ美少女探偵・音宮美夜と出会い、ともに捜査に乗り出した。少女の特殊能力で、殺人鬼を追い詰められるのか?二人を待ち受ける“凶感覚”の世界とは?


第43回メフィスト賞受賞作。
ごめん、全部読んだけど“凶感覚”なんてものは出てこなかったんだよね。
……あらすじ考えた人、絶対に作品読んでないっしょ?
 さて、本作『キョウカンカク』は投稿から約2年掛けての改稿作業を経てメフィスト賞受賞に至ったという珍しい経緯を持つ作品です。どうやら世間的な評判はイマイチなようで、総じて「ラノベだろ」だとか「動機は良いけどその他は、ねぇ……」とか言われています。
 確かに、音を視覚的に捉えることのできる銀髪の美少女探偵なんて、設定だけ見てみれば久住四季の『鷲見ヶ原うぐいすの論証』と対して変わらないような気もして、ライトノベルっぽくもなくはないです。が、意外と地味で地道なストーリー展開(そして地味に面白い)や気色の悪い表紙(そこ!?)も鑑みるに、やはりライトノベルではないと自分は思います。というか脱線しますけれど、あの表紙のせいでどう読んでも音宮美夜を美少女に想像することはできなくなりましたww

 話を戻して。そして、ここが最大のポイントなのですが、前述のとおりこの作品、とにかく動機が斬新、新機軸。しかも音宮美夜の体質(共感覚自体は現実に存在するため“能力”というよりは“体質”というのが適当かと)である共感覚が単なるキャラ付けに終わることなく事件――ひいては物語そのものの根幹に結びついているところは賞賛ものです。
 一応のところ犯人は誰かという議論は作中で為されていますが、その正体に関しては前提条件に立ち直って考えてみれば考えずともわかり切っているので、そこは重要ではありません。本作は明らかにホワイダニット。動機当てです。とにかく、終盤で語られることになる犯人の動機こそが本書の最大の読みどころ。よくよく読んでみると伏線もきちんと張られていますし(というか答えも提示しちゃってる)、そういった意味では“人を殺した人間は声の色でわかる”というJDC在籍探偵もびっくりな反則的スキルを持つ探偵を置いていても存外フェアなミステリ小説していて驚かされます。それでいて、誰もその結論に思い至らないだろうというところが凄い。
 しかも、今後出るであろう続刊においても、美夜のこの共感覚の設定を上手く使えばストーリーやシチュエーションにより幅を持たせることも可能であり、その可能性は無限といっても過言ではないかと。これは期待してます、天祢さん。

 しかし、助手役の山紫郎が人のことを道具呼ばわりして、いけ好かないキズタカ@『新本格魔法少女りすか』のようなヤツだなと腹を立てていたのですが、どうやらそれは幼馴染みを失ったショックからきていたものだったようで。本心からそうでなくて、良かった良かった。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析