fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

築山桂の人気って……?

 今年になってドラマ『浪華の花』の原作『禁書売り』を読んで以来、すっかり築山桂にハマってしまった私、はろーすみすですが、彼女の世間的な人気のほどというか、どのあたりの地位(?)にいる人なのかがイマイチわからないで悩んでいます。

 というのも、本屋さんに足を運んでは常々築山桂の作品を購入しようと思うのですが、置いていないことも少なくありませんし、仮に置いてあった場合でも状態が悪いものが多くて困っています。本は状態の良い綺麗なもの(できればオビ付き)を買って、大切に本棚にしまいたいという性分なので、灼けていたり、上ががさがさ”になっていたりするものは買いたくはないんですよね。ええ、偏執的なまでに拘りますよ。
 気に入った作家さんなので是非買い揃えたいですし、そうなると図書館は避けたい。それなのに、どこの本屋さんでも綺麗なものが置いていないから、読みたいのに買えないというジレンマ。重版とかもあんまりされてないんですかね?
 幸い、徳間文庫の「寺子屋若草物語」は入手できそうな感じなので、いまから期待に胸を膨らませているのですが、本当は『あかね』の解説で紹介されていた『鴻池小町事件帳』を真っ先に読みたいんですよね。ただ、2003年の刊行なので、重版とかされていなければ店頭在庫はそれなりに痛んでそうです。うげー

 自分は基本的にミステリ読みの人間なのでそっち方面の人気度合いなんかには割と明るいのですが、時代小説となるとまったくの未知。アマゾンでも殆どレビューついてないし、築山桂の人気のレベルを知ってる方がいたら誰か教えてほしいです。
――いや、人気ありませんとかいう情報は聞きたくないです(なんだそれ


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析