積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

東川篤哉『かがやき荘アラサー探偵局』

かがやき荘アラサー探偵局かがやき荘アラサー探偵局
東川 篤哉

新潮社 2016-10-21
売り上げランキング : 169162

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
女子力なんてお呼びじゃないわ。家賃は払えないけど犯人は捕まえるわよ!西荻窪のシェアハウスでお気楽に暮らす女子三人組が、何の因果か探偵稼業に コスプレ系自称19歳の礼菜、茶髪武闘系の美緒、残念なメガネ美人の葵。こじらせ女子って一体誰のこと?今宵も発泡酒片手に、その場しのぎのドタバタ迷推理で、ウチらに解けない謎はない!


 金なし職なし色気なしのアラサー自堕落かしまし娘(死語)3人組が入居するシェアハウスの家賃を免除して貰うべく、大家の女社長にふっかけられる興味本位の難題解決に右へ左へと走り回る連作ミステリ。
 毎度お馴染み東川さんの全4篇から成るユーモアミステリです。地域密着型のご当地ネタ、おバカな会話の応酬、齢若の男女をメインキャラに据えても恋愛要素を微塵も匂わせず騒ぎ倒す作風はもはや名人芸、偉大なるマンネリと呼べる域でしょう。安心安定、平常運転、どこを切ってもいつもの東川篤哉です。
 オーソドックスな殺人事件から日常の謎、拉致監禁まで手広く扱っている反面、その節操のなさが一冊のミステリとしては統一性を欠き、ややまとまりの悪い印象も受けました。

 「かがやきそうな女たちと法界院家殺人事件」はお金持ちのお屋敷の離れでテレビの下敷きになって発見された銃殺死体がテーマです。ありきたりなトリックながら現場の状況のWhyからWhoへと自然な流れで紐解かれますが、あまりにストレートな筋道とありきたりなトリックにもうひと捻り欲しくもありました。近年の東川作品ではもはや何回やったかわからない「またこれか」なシチュエーションもオンリーワンの魅力に乏しいです。
 続く「洗濯機は深夜に回る」はゴミ置き場から拾ってきた洗濯機が夜中に雑巾を洗い始めるという間の抜けた掴みが“らしい”1本です。凝られた構図の殺人が珍奇でくだらない現象に集約されていくテクニカルな部分を台無しにするかのようなアホっぽさがどうしようもないほどくだらなく、収録作中ではベストでしょう。
 お堅いご主人が週末になるとなぜか帰りが遅くなる謎を追った「週末だけの秘密のミッション」は人死にの出ない完全なる日常の謎で、以前の章での出来事を伏線に利用する構造が良かったです。それを踏まえての最終話での解決の一手も連作短編集ならではの趣向であり、過度なクオリティはなくともしっかり笑え、きっちり魅せてくれました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析