積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

島田荘司『屋上の道化たち』

屋上の道化たち屋上の道化たち
島田 荘司

講談社 2016-04-26
売り上げランキング : 218581

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
まったく自殺する気がないのに、その銀行ビルの屋上に上がった男女は次々と飛びおりて、死んでしまう。いったい、なぜ? 「屋上の呪い」をめぐる、あまりにも不可思議な謎を解き明かせるのは、名探偵・御手洗潔しかいない! 行ってはいけない屋上とは?


「御手洗潔」シリーズ 第32作。
 決して自殺するハズのない人間がなぜか立て続けに飛び降りる屋上の怪に御手洗潔が挑む長編ミステリ。
 巻末のシリーズ全作紹介に載っている書誌データによると公式的には28作目に当たるようですが、クリーン・ミステリなる人物が謎解き役を務める『切り裂きジャック 百年の孤独』、いまや黒歴史扱いされている本人参加の公式アンソロジー企画『御手洗パロディ・サイト事件』『パロサイ・ホテル』、番外作品である『犬坊里美の冒険』も加えてここは32作としておきたいところです。

 道頓堀にあるグリコの大看板をモデルに、時代と共に廃れていったプルコキャラメルの仕掛け看板を作品モチーフに掲げたミステリで、何人もの人間が決まって身投げしてしまうというどう考えても解決できなさそうな現象にまずは心掴まれます。これが周囲の印象から「自殺しなさそう」と語っているわけでなく、死んだ本人が決まって「絶対に自殺しない」と宣言した直後に屋上から落下する徹底ぶりなのです。およそ奇想としか言いようのない現象をダイナミックな荒業で説明付けてしまう真相はまさに驚嘆ものでした。物理トリックなのに心理的要因に依りすぎだったり、現場周辺の見取り図がほしかったり、一度ならず二度も三度もそんなに上手くいくだろうか、と諸々疑問を差し挟む余地は少なくありません。しかし、そんな細かなことはどうでもよくなってしまうほどエネルギッシュなパワフルさに有無を言わさず捻じ伏せられてしまいます。

 また、そうした豪快な仕掛けと並行して何をやっても上手くいかない苦行者と称される人物の挿話、事件の数日前に問題の銀行に押し入った赤い服の強盗、痴漢と間違われた挙句に向かいのビルの女子トイレに閉じ込められてしまった青年、最初の被害者が銀行の屋上で出逢った捕まえたトム・クルーズ似の婚約者、さらには捜査の過程で明らかになった突如としてロールスロイスを購入したラーメン屋に仏具店主といったバラバラに見えていたいくつもの物語が一本の線に収斂されていく様も見どころです。この一本線も決して綺麗とは言えない粗く極太なものではあるのですけれど、これだけ散らばったエピソードすべてを拾って、且つ一見攻略不能な命題にしっかりと答えを用意できただけでも充分凄いです。
 文字通りバカミスも真っ青なトリックと大味な展開こそ賛否割れそうな代物ながら、主にワットダニット部分が評価されれば本ミスベスト10圏内に入ってきてもまぁ納得の内容です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析