積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

エラリー・クイーン『見習い探偵ジュナの冒険 幽霊屋敷と消えたオウム』

見習い探偵ジュナの冒険  幽霊屋敷と消えたオウム (角川つばさ文庫)見習い探偵ジュナの冒険 幽霊屋敷と消えたオウム (角川つばさ文庫)
エラリー・クイーン マツリ

KADOKAWA/角川書店 2016-08-15
売り上げランキング : 213466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
ぼくは、ジュナ。名探偵めざして、毎日がんばってるよ。幽霊屋敷のうわさを聞いて行ってみたら、女の子があらわれた。人が住んでるじゃないかとがっかりしてたら、次に行ったときは空き家になってて、おかしな言葉をしゃべるオウムがいた。何か、おかしい……どうも、町をさわがせてる「にせ札事件」と関係があるような気がする。探偵の勘ってやつ。よし、調査開始だ!


「見習い探偵ジュナ」第3作。
 かのエラリー・クイーンがエラリー・クイーン・ジュニア名義で発表し、1978年にはハヤカワ文庫Jrより『緑色の亀の秘密』として刊行された児童向けミステリの復刊新訳版。旧版は現在絶版のレアものでおよそ40年ぶりの再刊というのだから有り難いことです。シリーズとしては本来『黒い犬の秘密』が第1作に当たり、今作は3本目の作品となるのですが、そこは翻訳小説に付き物な大人の事情からなのでしょう。一応、新シリーズ扱いになっているようなので今後の続刊に期待します。

 肝心の内容は「国名シリーズ」に小間使いとして登場するジュナは主役に据えた物語となっており、目下エデンボロの田舎から街に滞在中のジュナが新聞社で雑用を務める少年ベンと共に、記者であるファーロングの元に持ち込まれた幽霊屋敷を巡る大騒動へと巻き込まれる冒険小説色濃い作風です。空き家のハズの屋敷にひと晩限り現れた少女といった探検心くすぐられる謎に、スコッチテリアのチャンプや亀のウォーターベリー、女の子が探す逃げたオウムなど様々な動物たちも登場するのが実にジュニア向けらしく、終盤ではスリリングな大捕り物で盛り上げてくれるのも対象読者をよく意識して書かれています。
 そうかと思えば犯人指摘のキメの部分でそれまでさほど重要視せず軽く流していたような「設定」をさらりと持ち出し、有無を言わさぬ決定打として抜群の説得力をもって突き付けてくるのはさすが天下のクイーンです。
 また、あらすじバレしているものの幽霊屋敷の謎がニセ札事件に繋がっていくところも上手い具合に布石が敷かれていて、事前知識なしにまっさらな状態で読むとさらに良い印象を受けるかもしれません。
 価値ある復刊であるのは勿論のこと、そうした背景を抜きにしても素直に子供が楽しめるジュブナイルミステリの良作です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析