積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミ『ルーフォック・オルメスの冒険』

ルーフォック・オルメスの冒険 (創元推理文庫)ルーフォック・オルメスの冒険 (創元推理文庫)
カミ 高野 優

東京創元社 2016-05-30
売り上げランキング : 21771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
名探偵ルーフォック・オルメス氏。オルメスとはホームズのフランス風の読み方。シャーロックならぬルーフォックは「ちょっといかれた」を意味する。首つり自殺をして死体がぶらさがっているのに、別の場所で生きている男の謎、寝ている間に自分の骸骨を盗まれたと訴える男の謎等、氏のもとに持ち込まれるのは驚くべき謎ばかり。


 『機械探偵クリク・ロボット』でもお馴染みのフランスのユ-モア作家、カミの手による「シャーロック・ホームズ」のパロディ作品です。本国での出版が1920年代、完訳版の刊行は70年以上ぶりだというからその希少さが窺い知れます。古書店で高額な値が付けられてなお入手の難しい作品を、こうして安価な文庫本で提供してくれるのには有り難さしかありません。
 本作はいわゆる小説ではなく全36篇から成る戯曲形式をとっていて、それぞれが10ページ前後のショートショート。独立した事件が展開される第1部「ルーフォック・オルメス、向かうところ敵なし」と、オルメスのライバルで稀代の脱獄犯・怪盗スペクトラとの攻防を描く連作ものの第2部「ルーフォック・オルメス、怪盗スペクトラと闘う」の大きく2部に分かれています。
 最高の頭脳を持つ名探偵オルメスが快刀乱麻に解決していく事件の数々はどれも常人の理解を逸したトンデモない発想に満ちており、言葉遊びとナンセンスなギャグに溢れた(挙句、訳者までもが注釈で突っ込みを入れる始末)あまりにシュールであまりにくだらないものばかりであるため、肩肘張らずに“そういうもの”として楽しむのが正しい読み方でしょう。

 そうかと思えばたった数ページで終わってしまう短々編の中にときたま目を見張るような謎解きが潜んでいるのも見どころで、夢遊病者に催眠を掛けて泥棒を働かせる「催眠術比べ」は催眠術の効用を予め示した上で華麗に切り返してみせる様がまさしく特殊設定ミステリのそれであり、続く「白い壁に残された赤い大きな手」はキャッチーで奇想性ある謎とぶっ飛んだ物理トリックに魅せられます。後半の「シカゴの怪事件――鳴らない鐘とおしゃべりな卵」の伏線芸、前の話で触れられた設定を抜け目なく再利用してくるなど、しょうもないと笑いつつもショートショートで使ってしまうには勿体ないくらいのネタが込められているのです。
 これらの本格としてのネタの無意味な消費っぷりを見るに、案外『六とん』の源流はこのあたりにあるんじゃないかなあとも感じるのでした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。