積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ケヴィン・ハーン『スター・ウォーズ ジェダイの継承者(下)』

スター・ウォーズ ジェダイの継承者 下 (ヴィレッジブックス)スター・ウォーズ ジェダイの継承者 下 (ヴィレッジブックス)
ケヴィン・ハーン 甲斐理恵子

ヴィレッジブックス 2015-09-30
売り上げランキング : 73364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
帝国の監視下で幽閉されている暗号解読者を救出したルークたちだったが、帝国軍に指名手配され、賞金稼ぎからも追われる身となってしまった。この窮地を乗り越え、作戦を無事に遂行するためには、目覚めたばかりのフォースをあやつる必要がある。そう考えたルークは、オビ=ワンとの修業を思い出し試行錯誤をかさねていた。だが、帝国の攻撃が容赦なく彼らに迫る……。


「ジェダイの継承者」下巻。
 かろうじて追っ手から逃れ、護送対象であるドルーシルを無事保護したルークたちですが、帝国は全星系を封鎖。お尋ね者として頼れるもののない厳しい旅を依然として強いられます。絶体絶命の包囲網を命からがら潜り抜けていくパイロット技術はさすがの父親譲りで、まだまだ超然としたところのない未熟な素人だからこそ危なっかしさが展開をスリリングにしてくれます。
 そんな中でルークにジェダイとしての在り方、フォースとの繋がり方に対する閃きを与えたのがナカリではなくドルーシルだったのには意外でした。人間とはまったく異なる数学的思考に基づいて生きているギヴィンの文化がルークに新たな視点を与え、それがフォースを理解するための一助となる。これは物語上かなり重要な要素といえるでしょう。

 というのも、オビ=ワンと出逢い、ハンたちと共に冒険に繰り出すまでのルークはしがない水分農家の青年に過ぎず、その世界も非常に閉じたものだったわけで。それがタトゥイーンを飛び出し、本来の人生を送っていたならばまったく接点がなく、重なり合うハズのなかった種族と知り合うことで新たな見地に目覚めるというのは、まさしくこの瞬間、ルークが単なる田舎青年から全銀河的な視野を持った人間へと変わった証拠に外なりません。つまり、『EP4』のクライマックスではなく、ここで初めてようやっとジェダイであり英雄であるルーク・スカイウォーカーが生まれるのです。この役目をナカリに負わせていたら、ただの安直なロマンスもので終わってしまうところでした。
 そう考えると本作のラストもジェダイの道を歩み始める覚悟を試す第一歩のように感じられ、これを乗り越えたからこそ『EP5』以降のルークがあるのだと思います。

 ちなみに旧“レジェンズ”群込みだと、この直後に「SW」スピンオフ小説第1号である『侵略の惑星』がくるハズなので、『EP7』公開前の復習がてら今作を踏まえた上でそちらも読んでおきたいです。
 次回配本は『ターキン』とほぼ同時期、ライロスの反乱分子をヴェイダー卿が粛清に掛かる『ロード・オブ・シス』。『クローン・ウォーズ』にも登場し、『反乱者たち』のヘラの父親であるトワイレックのリーダー、チャム・シンドゥーラが活躍する話だそうなのでアニメへの理解を深めるための副読本としても期待大。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析