積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

周木律『暴走』

暴走暴走
周木 律

KADOKAWA/角川書店 2015-05-29
売り上げランキング : 291516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
「hf」と書かれた紙片を隠し持った腐乱死体の発見と前後して、最新型工業用ロボット・タウに管理される化学工場で従業員が大量死する事件が発生。警備員の島浦は原因究明のため単身工場へ乗り込むが――。


 謎の危険物漏洩事故に見舞われた化学工場内に取り残された元刑事の警備員が、原因究明と被害拡大阻止のために奮闘するパニックSFミステリ。
 昨年角川から刊行された『災厄』に続き、集団死事件によるパニックサスペンスの中に本格ミステリ的なフォーマットを取り入れたエンタメ小説の第2弾です。前作は年末のランキング本では総スルーだったものの真相の意外性と伏線の回収が素晴らしく、昨年度の私的本格ミステリ・ベスト5に入るくらいに出来が良かったので、この路線の周木律が再び読めるのは嬉しい限りです。
 ちなみにあらかじめ断りを入れておくと、『災厄』とはあくまで同一のコンセプトというだけで内容に繋がりはありません。

 本作では有害物質に満たされた空間内での大型自動制御ロボ・タウの暴走をいかにして食い止めるかが核となっていて、工場に残る島浦と彼の昔の同僚であり、現職の警察官である石倉のふたりが上の意向に振り回されながらも内と外からこれに対処します。
 『災厄』に比べると全体に粗く、思わせぶりに出てきたものが全体を俯瞰すると未解決の余剰なパーツで終わったり、タウのシステムに関しての練り込み、描き込みが甘いため、一応は伏線に基づいた解決策をとっているとはいえ作者の狙いほどミステリ的なカタルシスを得られていのが惜しいところ。条件設定をして選択肢の幅を狭めていないので割と何でもアリになっちゃっているというか、後付けでどうとでも書ける余地が残されてしまっているのです。
 登場人物が極端に少ないことでメタ視点から真犯人を看破できてしまうのもお約束といえばそのとおりですが、些か捻りが足りないでしょう。
 そうはいっても、あくまでミステリではなくパニックエンタとしての視点に立てばリーダビリティも高く、タイムリミットサスペンスの要素もあって手に汗握る展開に、存分に楽しませて貰いました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析