積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

東川篤哉『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』

探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて
東川 篤哉

幻冬舎 2014-11-26
売り上げランキング : 156206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
なに、ぼうっとしてんの、良太。さっさと、あたしを現場に連れてってよね!
誤発注した大量のオイルサーディンとともに、勤め先のスーパーをクビになり、地元で『なんでも屋タチバナ』を始めた、俺、橘良太。三十一歳、独身、趣味はナシ、特技は寝ること。すこぶる平凡な俺が、なんと殺人鬼の濡れ衣を着せられてしまう!そんな折、俺の前にわずか十歳にして自らを探偵と信じる無垢で無謀な美少女・綾羅木有紗が現れた―。殺人鬼の疑いを晴らすため、俺はしぶしぶ有紗と事件を調べはじめるが……。


 なんでも屋を営む青年が、エプロンドレスに身を包む自称探偵の少女に振り回され、溝ノ口で起きる殺人事件の現場へと毎度同行を余儀なくされる連作ミステリ。以前から告知されていたとおり女子小学生を探偵役に据えた作品で、良太をボロクソに扱き下ろしたかと思えば高飛車な態度で迷推理を披露、いざ真相に辿り着いてもその手柄を大人にかっ攫われて歯噛みする等身大な姿がいちいち可愛らしい。やっぱり小学生は最高だぜ!
 『謎解きはディナーのあとで』のヒット以降、すっかり“平成の赤川次郎”の地位を確立しつつある著者お得意の、特定の街を舞台にローカルネタを盛り込みながら、個性豊かなキャラクターの掛け合いで楽しませる連作短編集という形式はもはや東川作品のテンプレートです。

 それ故の問題点を抱えているのも本作の特徴で、たとえば「名探偵、お屋敷で張り込む」の浮気調査のため離れを張り込み、そこで死体が発見される流れは『純喫茶「一服堂」の四季』と同じだし、「名探偵、南武線に迷う」で他ならぬ良太とアリサ自身が犯人のアリバイ証明に使われてしまうくだりもどことなく『ライオンの棲む街』に似通っています。勿論、トリックや真相部分までそっくりというわけではありませんが、収録されている事件の内容に近作で見たことのあるシチュエーションがちらほらと目に付くのは気になりました。
 『謎ディナ』と『ビブリア古書堂』の二大巨頭の登場で昨今のミステリ作家は軽く読めるユーモアミステリやライトミステリ、キャラミス的なものを書いてくれ、と編集者から要望されることが多いと聞きます。それが悪いとは思わないし、そうした作品によってこれまで本格ミステリに興味のなかった層を少しでも引き込めるのであればむしろ歓迎すべきところですらあるのだけれど、粗製濫造とは言わないまでも、それらが「その作品ならでは」の独自性を薄め、失わせる結果になっているとしたら考えものかもしれません。

 それはそうと本作は森ゆきなつ氏によるコミカライズ版も発売されており、これがまたすこぶるキュートだったりします。うう、ロリコン紳士として買うべきか、買わざるべきか。


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

久々に著者の良さが思い出されるような作品でした。
ミステリもユーモアも面白く楽しく読めました。
このテイストで続編希望です。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
  • posted by 藍色 
  • URL 
  • 2016.05/13 12:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて」東川篤哉

名探偵は小学生! ? 天才探偵少女とヘタレ三十男の迷コンビが難事件に挑む! 東川篤哉、最新ユーモア・ミステリ! 就職先のスーパーを誤発注した大量のオイルサーディーンとともにクビになり、 地元で「なんでも屋タチバナ」を始めた、俺、橘良太。 三十一歳、独身、趣味は ナシ、特技は寝ること。そんな平凡な三十男の俺にある日、子守り依頼が舞い込んだ。 報酬につられて出かけた豪邸で待ち...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析