積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

辻真先『にぎやかな落葉たち 21世紀はじめての密室』

にぎやかな落葉たち 21世紀はじめての密室にぎやかな落葉たち 21世紀はじめての密室
辻 真先

光文社 2015-02-18
売り上げランキング : 555101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
北関東の山間にたつグループホーム「若葉荘」。世話人は元天才少女小説家。居住者は自在に歳を重ねた高齢者たちと、車椅子暮しながら筋骨隆々の元刑事と、身寄りのない彼の姪。賑やかで穏やかな日々は、その冬いちばんの雪の日、とつぜん破られる。密室に転がった射殺死体の出現によって――。ホーム最年少の少女スタッフは、隠された因縁を解き明かし、真相に迫ることができるのか!?


 大雪の日のグループホームで発生した殺人事件から、過去に起こった地元有力者の家宝をめぐるとある事故の真相が浮かび上がる長編ミステリ。昨今すっかり一ジャンルを形成しつつある介護業界を題材にしたミステリですが、本作の場合はどちらかというと高齢化社会への問題提起のような社会派な側面よりも、人生を歩む上で変わらざるを得なかったもの、変わることのできなかったものといった心情部分を描くためのテーマセレクトといえるでしょう。
 学生時代に天才文学少女として持て囃されるもいまはドロップアウトしてしまった世話人の寥、その幼馴染みであり亡き兄の親友でもあったグループホーム入居者、彼の姪で両親を失ってから父方の伯母家族の下で辛い生活を送っていた綾乃――目下、眼前で進行する殺人劇に彼女たちの幼い頃の記憶、その身に降り掛かった禍が絡まって、数十年の人生を追想するかのように物語が展開されていきます。

 疑わしい人物や不自然な行動は最初から怪しいものとして描かれ、謎が解かれることで読者に対して驚愕の真相を突き付けてくるタイプの作品ではないにしろ、丁寧な状況整理によって段々と真実が紐解かれる手順を踏んだ推理とリアリティを度外視した大仰なトリックが良いアクセントとなり、謎解きの面白さは削がれません。
 全300ページの文量で実際に人死にが出るのが200ページを過ぎてからなところは若干スローペースではありますが、紙幅を割いて語られるノスタルジックな空気漂う回想はまさしく事件の核心を成しており、いざ読み終えてみるとそこまでバランスが悪いとも感じませんでした。
 キャラクター造形や文体はユーモラスで読みやすく、それでいて綺麗すぎないのも特色で、決して理想論にならない“黒さ”をしっかり書くことでホワイダニットに繋げつつ明るく救いのあるラストを忘れない、希望と優しさに満ちたミステリです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析