積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『蛾人間モスマン』

蛾人間モスマン [DVD]蛾人間モスマン [DVD]

アメイジングD.C. 2011-12-01
売り上げランキング : 116881

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
普段は穏やかな街ポイント・プレザント。キャサリンや仲間は湖に遊びに来ていたが、いたずらが行き過ぎて仲間のひとりに付いてきた弟が溺死してしまう。彼らはそれを事故に見せかけようと……。それから10年。記者になったキャサリンは久しぶりに故郷の街に帰ってくる。しかし再会した友人たちが次々に不可解な死を遂げるのだった。それは街に古くから語り継がれる伝説の怪物、モスマンの仕業であった――! (2010年 アメリカ)


春のモンスター・パニック祭、第2弾!
 かつて友人の弟を溺れさせ、その事実を隠蔽した若者たちが再び故郷の町に集まり、モスマンによって復讐の標的にされていくモンスター・パニックです。 “LIONSGATEが放つ、UMAシリーズ”はちょっと変わり種のUMAをフィーチャーしてくれのが嬉しいですねぇ。
 本作におけるモスマンは過去に罪を犯し今なお罰を受けずにいる人間にその血をもって償わせる存在として描かれ、鏡やガラスといった反射するものから『仮面ライダー龍騎』のミラーモンスターが如く襲い掛かります。それだけ聞くと随分とトンデモな設定にも思えますが、元来モスマンは未確認生物の中でもどちらかといえば不吉な予兆や呪いのような存在といった側面の方が強く、生物というよりか妖怪や現象に近しい概念的なものなのでこれはむしろ良い判断。実際に発生したいわゆる“モスマン事件”――ポイント・プレザントのシルバーブリッジ崩落事故を下敷きとしているところにも、制作陣の題材への理解度、真摯な姿勢を感じさせるといってしまっては褒めすぎでしょうか。怪物にただ名前だけ借りてなあなあに作ったUMA映画が少なくない中、モスマンがモスマンである意義をちゃんと描いてくれているのはUMAファン的にはポイント高いです。

 ストーリーやオチにも捻りがあって、さすがにダイイングメッセージの描写は綺麗すぎて「んな、バカな」といった感じではありますけれど、殺害現場の凄惨さや恐怖を煽る演出も及第点。クライマックスの群衆シーンもフェスティバル会場でのパニック感がよく出ており、予算も設定も紛れもなくC級、D級レベルなのにそれ以上の、B級映画とタメを張れる程度には満足できる作品に仕上がっています。
 溺死させてしまった弟を事故に見せ掛けるため各人が1回ずつ死んだ少年の頭に石を振り下ろす行為が罪を均等に背負う暗喩になっていたり、何気に細かい部分に意味合いを持たせた撮り方がされているんですよね。まあ、それが必ずしも良い結果を生んでいるかというかとそうでもなく、偽装工作なのに7回も殴ったら不自然だろとか、警察もよくそれでスルーしたなとか、残念ながら突っ込みどころにもなってしまっているわけですが。
 この内容ならここまで安っぽく明らかに地雷狙いな人間を釣ったパッケージにしなくとも、それなりに勝負できた気がするんだけどなぁ。勿体ない(一部の数奇者の勘違い


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析