FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち』

映画ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち (通常版) [DVD]映画ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち (通常版) [DVD]
東堂いづみ

ポニーキャニオン 2006-04-19
売り上げランキング : 52595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
世界がどうとか、伝説がどうとか……今はそんなの関係ない。
私たちはひなたを守りたい、ただそれだけよ!!

伝説の戦士プリキュアとしてドツクゾーンと戦う美墨なぎさと雪城ほのか、そしてシャイニールミナスこと九条ひかり。冬休みになぎさたちと共にスキー場へやって来たひかりが拾ったのは不思議なたまご。卵から生まれた仔鳥を“ひなた”と名付け、一時的に面倒を見ることにするひかり。一方、なぎさとほのかは些細なことから喧嘩をしてしまう。ひなたを狙って現れた敵を辛くも撃退したものの、互いにもやもやした気持ちを抱えたままで息も合わずにいた。その夜、ひなたを救ってくれたお礼に、となぎさたち3人は老師に雲の園に招待されるが、ドツクゾーンに肝心のひなたが攫われてしまい……。 (2005年 日本)


劇場版『ふたりはプリキュア MaxHeart』第2作。
テーマは“ホンモノの友達”、コンセプトは特別編らしく“ブラックVSホワイト”。
 『プリキュア』の映画を見たのは『プリキュアオールスターズDX』に続いて2作目ですが、相変わらず燃える作品です。ただストーリーに関しては多少残念なところもありました。

 藤P先輩とほのかの“誰もが羨む”ツーショットをその目で実感してしまったなぎさが、ほのかの無神経さに苛立ってしまい八つ当たり、微妙な空気になったまま旅行一日目の夜を迎え――という流れは恋する女の子であるなぎさの心境を上手く描いていると思います。なぎさ自身、ほのかが藤P先輩に
気がないことは知っているし、肝心の“ミス”にしたってほのかが悪くないことは充分にわかっている。それでも当たってしまうというどうしようもない嫉妬心というのが痛いほど伝わってきます。
 一方のほのかはというと、旅館の電話でおばあちゃまと話して「何かあったの?」と訊かれた際に受話器のコードをぐるぐる巻きながら「何もない」と答えるシーンとか、細かい演出に凝っていて、やはり『プリキュア』はそういった描写が秀逸だなぁと感心してしまいました。


 それで、自己嫌悪に陥っているなぎさに対してなぎさの親友の莉奈が「雪城さんとなぎさはホンモノじゃないんだ」とばっさり言ってのけるわけですが、こういうことをはっきりと言いつつハッパを掛けるところとかすごくカッコ良い。この莉奈となぎさ、志穂のラクロス部3人はチームメイトで気兼ねなく何でも言える大の仲良しだけど、ほのかと親友なのはなぎさだけで、他のふたりはあくまでもほのかとは“雪城さん”くらいの友達という距離感もポイント。また、それだけはっきりと詰める莉奈に対して、志穂の方はあくまでもだらんとした自然体の姿勢を崩さない。このバランスがなぎさを過度に追い詰めることにならず、救いになっています。
 その後も、互いに謝ろうとしていたのにタイミングを逃したまま雲の国へ行くことになってしまった2人(と、ひかり)の微妙な関係が続く中でのぎこちないやりとりも良かったです。

――と、ここまで絶賛しておきながらじゃあどこが残念だったの?ということになりますが、それは主にひかり&ひなた関係のストーリーです。

 今作の本当の主人公はひかりで、珍しく活躍するルミナスが印象的。鳳凰の卵を拾ったひかりと、そこから生まれたひなたとの絆、友情が描かれますが、そこが弱い。タコカフェの仕事で失敗するひかりが空を飛ぼうと果敢に頑張るひなたに励まされた、とか色々とエピソードはあるわけですが、全体的に見るとそこまで交流してたかな、と。第一、ひなたが喋り始めたのは雲の国を訪れてからですし(しかもその後すぐに氷漬け)

 つまり、確かにひかりはひなたの保護者であるかもしれないですけど、“ホンモノの友達”と言うに値するほどの存在かというところには大いに疑問を抱くわけです。大切な人への愛情かもしれないけど、それは友情とは違うんじゃないの?と。たとえ、それが友情であったとしてもそれはまだホンモノとかニセモノとかいえる段階のものではなく、言うなればほのかと莉奈、志穂くらいのレベルの友達だと思うんです。あくまでも、ただの友達。
 それが“ホンモノ”の友情を、あれだけ丁寧に描いてみせたなぎさとほのかに対比させられるから、余計に中途半端に感じてしまったんです。うーん。

 ただ、ひかりの「友達はそんな言い方しない」の言い方には、いままでのルミナスのイメージにはない、女王のオーラみたいなものを感じました(実際、『Max Heart』はラストの10話ほどしか見てないんですけどね……)

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析