積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

望月守宮『無貌伝 ~最後の物語~』

無貌伝 ~最後の物語~ (講談社ノベルス)無貌伝 ~最後の物語~ (講談社ノベルス)
望月 守宮

講談社 2014-11-06
売り上げランキング : 133823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
そう。それさえあれば良かったんだ。私は、本当はそれが欲しかっただけなんだ
人と“ヒトデナシ”と呼ばれる怪異が共存している世界――。怪盗・無貌によって「顔」を奪われた仮面の探偵は、再起を求めて無貌を追い、楽園の島にたどり着く。その頃、秋津の妻の遥は、「顔」にゆかりある人々のもとを訪れている無貌を待っていた。彼を殺す覚悟を固めて。すれ違う思惑の果て、彼らを待つのは希望か、絶望か…!? 失ったモノを取り戻すため、最後の戦いが始まる!


「無貌伝」最終作。
 もともと前作『奪われた顔』と併せて一作として告知されていたものを単体に独立させたうちの後編、本作をもってメフィスト賞受賞作から7作続いたシリーズも完結巻を迎えます。
 「無貌伝」という物語を考えてみたとき、その中核にいるのは秋津承一郎でもなければ相原でも無貌でもなく、探偵助手を務める望の存在が重要なパーツとしてありました。第1作の視点人物であることは勿論、既に起こり、一度は止まってしまった探偵たちの時間を再び動かし、終局へと向かわせたのは他でもない望との出逢いによるところが大きいです。

 そうした意味では一連の物語はクライマックスで望が命を落とす前々作、すべての謎が明かされる前作を通して語られるべきことはすべて終えているに等しく、本作はあくまでエピローグ。残された者たちの終着点を描く事後処理的な趣が強く、端的にいえばここ数冊で見せたような怒涛の盛り上がりはありません。
 それでいてしっとりとしめやかに、それぞれがそれぞれぞれに希望を見出し明日へと踏み出していく結末は、見ようによっては悲しくともたぶん最上で、これ以上なく綺麗にまとまっていたと思います。
 意外でド派手な展開こそないものの、ここまで追ってきた読者にとってはきっと満足できるラストになっているハズです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析