積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 13 第18話「苦い水」


★★★☆☆
 中の人の妊娠、出産が続いたこもあり久々の雛子回。映画への出演はあったとはいえ、テレビシリーズ本編への登場は神戸期の「罪と罰」以来でしょうか。特命係と敵対する最大の障害として、一度は歴代相棒全員と顔合わせさせておきたくてこの時期に滑り込ませたような、というのはちょっと考えすぎでしょうか。

 真野脚本らしくノスタルジックでロマンチック、そしてどこか切なさの漂う物語でしたが、どちらかといえば臆病だった片山雛子の少女時代を紐解き、その人格形成に大いに影響を及ぼしたエピソードを描いたのはかなり賛否が割れそうです。雛ちゃんといえば長谷川元副総監と並んで『相棒』のラスボスとも目される人物であり、強大な壁――何を考えているのかわからず、すべての物事を自分の思ったように転がしてしまう得体の知れぬ恐ろしさを持った人物なのです。
 その彼女の弱い部分を詳らかにし、人間的な肉づけを行ったことによりキャラクターとして深みが出た一方で、敵としての黒さを濯いでもしまっている。“倒すべき存在”というレベルから“親しみを抱ける対象”にその存在を下げ、手の届くところにまで落としてしまっているのです。
 この先、『相棒』がどういった展開を迎え、どのような着地を見せるのかは不明ですけれど、単純なお話の良し悪しではなくシリーズの全体像を改めて俯瞰してみたときに、これはちょっとやっちゃったかなぁと思わないこともありません。

 次回はいよいよ、“カイト相棒”最終章。予告を見る限り、カイト君=ダークナイトその①であるフラグが立ちまくっていて嫌な予感しかしない。何とかミスリードであってほしいのですが、果たして……。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析