積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

周木律『アールダーの方舟』

アールダーの方舟アールダーの方舟
周木 律

新潮社 2014-12-18
売り上げランキング : 159578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
これが、奇跡
聖なる山の調査隊を襲う謎の連続死。これは神の怒りか、奇跡の完全犯罪か。「痛みの山」と呼ばれるトルコのアララト山で、ノアの方舟の遺物を探す調査隊に次々と不可解な死が降りかかる。完璧なる記憶力と瞬時の計算力を持ち、語学堪能にして端正なマスク。「神は妄想でしかない」と断言し、「人間とは何なのか」をストイックに追究する男が、アララト山頂で到達した人類の真実とは――。


 ノアの方舟の遺構を探す調査隊が極寒の山頂で、何者かの手によってひとり、またひとりと命を落としていく歴史ミステリ。講談社ノベルスではメフィスト賞受賞作『眼球堂の殺人』から始まる「堂」シリーズを展開する著者ですが、本作は昨年角川より刊行された『災厄』と同じく、旧態的な新本格志向を排したノンシリーズもののミステリです。
 『創世記』におけるノアの方舟伝説といえば恐らく誰もが一度は聞いたことのある有名な物語で、その残骸がアララト山の頂にいまなお残っているという説も超常現象に明るい向きには世界七不思議やオーパーツ関連の逸話として比較的知られているかと思います。現に、2000年代前半の超常現象バブル時に発売され、私も集めていた食玩『コレクト倶楽部 帰ってきた七不思議編』ではノアの方舟がラインナップのひとつに数えられていました。

 本作ではアララト山頂上にて実際に方舟隊がノアの方舟と思しき遺物を発見し、宗教、建築、考古学、さらには現実の世界情勢を踏まえて創世神話と方舟の正体、そして信仰とは何か、神とは何かに迫っていきます。この講義だけでも大変興味深く読め、悪天候によって下山できなくなった極限状況下におけるスリリングなサバイバルも加わって面白さは抜群です。
 それ以上に魅力なのが本筋の殺人事件です。ミスリードやトリックにはこれといった目新しさはないものの、真犯人による偽装工作の裏に隠された本当の意図には痺れました。サスペンスドラマやミステリではお馴染みのこれといって不自然でないありきたりな行動が、その目的が明かされた瞬間に何かとてつもなく異形で、理解の及ぶ余地のない異質な行為へと変容してしまう。文化的な考え方の違いをミステリとしての構造に取り入れ、驚きに結びつける手法は近年では梓崎優などが得意とするところですが、本書もまたそれらに勝るとも劣らないテクニックを見せつけてくれています。この“why”部分だけでも一読する価値は十二分にあるでしょう。
 
 瑕らしい瑕といえばデビュー以前にメフィスト賞座談会でも指摘された、探偵役のキャラクターにバリエーションがなくいつも同じ放浪の天才学者タイプであることくらいのことで、それを除けば文句なしに良い出来です。内容的には本ミス20位圏内に入ってきても全然おかしくありません。
 ノンシリーズものでこうも秀作を連発しているのを見るに、周木律というミステリ作家への評価も大いに改めるべき必要がありそうです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析