積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 13 第16話「鮎川教授最後の授業・解決篇」


★★★★☆
 捜一とカイト君、米沢さんの活躍で右京さんらが監禁された別宅は特定されるも、時既に遅く。鮎川教授は家政婦である黎子さんの“正統防衛”によって命を絶たれた後だった……ということで、スリリングな事態が後編開始早々に決着してしまうのはいつもの『相棒』クオリティ。そこまでは前座とばかりに、なぜ鮎川教授がそんな行動に出たのか、恋愛関係でもない彼女をどうして教授は自分の下に置きたがったのかという動機部分にフォーカスが当てられます。

 黎子さんと教授の関係は相応に納得できるものだったとはいえ、そこから先の真相のひとすじ縄でのいかなさは『相棒』の面目躍如といえるでしょう。産まれる前の胎児の頃に殺されかかったことへの恨み、それを悔いて自らをわざと殺させるように仕向けたお膳立て、そして正当防衛だった事件を本人の感情すらも飛び越えて“後付け”で殺人と断定してしまう右京さんの頑なまでの姿勢。毅然とした、といえば聞こえは良いですが、劇中でも指摘されたとおりに右京さんの行為は殆ど暗示に近しい誘導であり、およそ刑事ドラマの主人公とは思えないブラックっぷりはまさしく「杉下の正義は暴走するよ」の体現です。
 ここで右京さんにどこまでもついていくのが薫ちゃんであり、正面衝突しても止めに掛かるのが神戸君であったことを考えると、今回のカイト君の反応は卒業前の“相棒”としては少々物足りなかったかもしれません。

 まあ、カイト君はカイト君で悦子さんのことでいっぱいいっぱい&子供ができて思うところもあったのだろうし、仕方ないっちゃ仕方のない状況でもあったんですけどね。歪な親子関係が生んだ事件の中にあって、社さんとカイトくんそれぞれが子供を持つ親としての表情を見せるところも今回のポイントだったと思います。
 それにしても悦子さんの病気が骨髄性の白血病とは。母子共に健康で無事出産は終えるも、治療に専念する悦子さんの代わりにカイトくんが子供の面倒を見れるよう、甲斐次長が手を回して定時で帰れる部署に異動かな。
 社さんと右京さんの息も合っていてこのコンビでの『相棒』も見てみたい気もしますが、スケジュール等々考えるとやっぱり難しいですかね(『9係』を1クール前倒しにしたのは仲間由紀恵のスケジュールを調整して夏クールから『相棒』を始めるため、との考えもできなくはないですが)

 さて、次回は恒例の陣川回。今シーズンはいままでの女性に惚れて~パターンからは少しズラしてきたようで大いに期待。残り話数もあと1回か2回かな?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析