積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『バトル・オブ・アトランティス』

バトル・オブ・アトランティス [DVD]バトル・オブ・アトランティス [DVD]
デヴィッド・リマゥイー

アルバトロス 2013-11-02
売り上げランキング : 77982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★☆☆☆
異変は、大西洋の海底から始まった。原油層で眠り続けていた“怪獣”の卵が、数億年の眠りから覚めたのだ。この事態を予期していた人類は、人型巨大兵器による防衛作戦“アルマダ計画”を発動。レッドたち3人のパイロットが操る3体の巨大ロボットは、猛威を振るう怪獣に戦いを挑むが……。


 突如として海底から出現した怪物を巨大ロボットに乗り込んだ海兵隊員らが迎え撃つSFアクション。
 B級以下の映画市場では、本編の内容如何に関わらず日本での販売に際して大ヒット作に便乗した邦題を付けるパターンも少なくありませんが、本作はなんと原題からして『Atlantic Rim』。太平洋(パシフィック)に対しての大西洋(アトランティック)ですからね、この安直すぎる発想よ! 日本が誇る怪獣VS巨大ロボの戦闘を圧倒的リアリティを伴った映像をもって実写化し、世界中に衝撃を与えたかの『パシフィック・リム』を模して作られたことを1ミリたりとも隠そうとしない姿勢が清々しい。

 しかもそれだけには留まらず、設定のアレコレからシーンのひとつひとつ、細かな演出までも完全に本家を意識したもので、主役3人が横並びで画面に現れ初搭乗するまでの流れは完全に『パシフィック・リム』のそれ。格納庫からロボたちが運ばれていくシークエンスも完全アウトといって良いレベルで丸パクりしています。
 にも関わらず、パイロットたちの着る星型マークでも付けているのかというようなウエットスーツにちゃちな神経接続装置、食堂の一角を間借りしたがごとき片手間な作戦司令室、ブリキのおもちゃ紛いなロボデザイン、空中戦での必殺技 etc……それらすべてが壊滅的なくらいにダサすぎる。巨大人型兵器の強制遠隔操作がマウスのクリックひとつって、どんだけのなの。あの『パシリム』と同じ素材を使ってここまで酷いものが作れることが、もはや奇跡でしょう。

 おまけに怪獣はめっぽう弱く、戦闘機からのミサイル数発でやられてしまうのに軍の将校(?)やたらと核を使いたがる意味不明さはギャグでしかありません。いや、シナリオに緊張感を持たせたいのわかるのだけど、この程度の相手なら普通に倒せるっしょ。
 しかも肝心の巨大ロボはそのよわよわな怪獣よりもさらに低性能だから始末に負えません。ミサイルでも討ち取れる相手にわざわざさほど強くもないロボで肉弾戦を挑む必然性がそもそも皆無なのに、この映画の登場人物たちはそれが唯一の手段だと信じて疑わないんですね。
 大した被害も出ていないハズなのに死体役のエキストラの皆さんがやたらと街に溢れているのもシュールだし、ラストの成層圏からロボごと墜落して無傷でピンピンしているあたりの大雑把さも半端ない。スタッフや出演者はどういうテンションでこれを作っているんだろう、と本気で疑問に思います。
 まあ開始数分、調子に乗ってゴロツキに喧嘩を売って一方的にボコす主人公カップルの所業を見た時点で嫌な予感はしていましたともさ。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。