積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

岡田秀文『源助悪漢十手』

源助悪漢(わる)十手 (光文社時代小説文庫)源助悪漢(わる)十手 (光文社時代小説文庫)
岡田 秀文

光文社 2009-03-12
売り上げランキング : 549786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
弱みを握られれば骨までしゃぶられ、些細な借りを作ればいつまでもたかられ――。浅草西仲町の御用聞き、源助の巨体を目にするや、町中の人が逃げ隠れする毎日だ。ところが、ひとたび十手を握ると、謎に満ちた事件をたちまち解決する豪腕ぶり。その特異な能力も、めったによい方に発揮されないのが困りものだが……。


 強請り、たかりを得意とする巨漢で悪徳な岡っ引きが金の匂いを嗅ぎつけて、己が欲望のために事件を解決していく連作時代ミステリ。昨年発売の『2015本格ミステリ・ベスト10』に掲載された作家インタビューにて触れられており、興味を抱いたので読んでみました。
 収録された7篇はどれも水準が高く、著者自ら本格を意識して書いたというだけあって現場の状況から綺麗なロジックで犯人まで辿り着く「山谷堀女殺し」、バカミスすれすれのナンセンスなトリックが炸裂する「井筒屋呪いの画」、袋小路からの人間消失を扱った「下谷町神隠し三人娘」、インチキ霊媒師の妖術を暴く「元吉町の浮かび首」など、時代小説好きよりもミステリ読みにウケそうな内容ばかりです。

 “悪漢”のタイトルどおり、主人公の源助はどちらかといえばジャイアン気質な人間であり、現代ほど人の生き死に対する倫理的、法的なハードルが高くないことが奇妙なユーモアを生んでいるのも大きな特長で、第3話「猿谷町うっかり夫婦」は登場人物のジョークのようなキャラ設定を事件解決のキーに盛り込んでくるばかりか、その無頓着すぎる結末の楽観具合にかえってぞくりとさせられました。
 ほぼ答えに近しいヒントを読者の目の前にちらつかせつつもそれをそうとは気付かせず、発想を転換させることで事件の構図そのものを巴投げのごとくひっくり返す最終話「茅町伊勢屋の藤十郎」もテクニックの面では負けていません。

 はっきり言って『本ミス』ベスト10圏内を充分に狙えるレベルの短編集であり、この年のアンケートで誰一人として本作を挙げた投票者がいなかったのはフシ穴だったとしかいえないでしょう(時代ミステリの特集記事でかろうじて紹介はされていました)
 昨年、一昨年と「月輪龍太郎」シリーズのスマッシュヒットでようやっとミステリ業界にもその名を知らしめた感のある作者ですが、まだまだこうした埋もれた佳作があることを肝に銘じ、読む側も広くアンテナを張っていかなくてはならないと反省させられました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析