積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 13 第14話「アザミ」


★★★★☆
 平成の話なのにどこか大時代的で浮世離れしたリリカルな世界観、双子の少女の秘密めいた関係――と、「ウルトラ」シリーズを見ていた向きには馴染み深い太田愛ワールド全開なお話でした……が、めちゃくちゃ重いですね。最後の最後で奏が右京さんに感謝の意を伝えたとはいえ、それが彼女の救いになっているかというと決してそんなことはなく、どこまでも冷たく黒い感情に支配された物語でした。

 今回は役者陣の演技に特に熱が入っていて、幼い響を閉じ込めてスズメバチに殺させた際の孝子夫人の邪悪な笑みと、何事にもびくつく臆病な響の殻を破り復讐鬼へと変貌した際の奏のネジの外れっぷりは筆舌に尽く難いです。普段ドラマなどを観ていてこの役者さんの演技が上手いなぁとかはあまり思わない性質なのですが、奏(響)役の笹本玲奈さんはちょっと凄かったですね。
 新本格にありそうなウサギマスクの犯人という奇想性たっぷりな演出に、しっかりとした必然性を持たせていたのにも感心です。双子トリックはまあ当然すぎて捻りはありませんでしたが、女優さんの迫力で魅せてくれたのでこれで良しでしょう。
 しかしあのスズメバチは怖すぎる。以前、わが家にも雨戸と網戸の隙間にオオスズメバチが閉じ込められるという事件が発生しましたが、そのあまりの大きさに思わず怯みましたからね。あれはやばいです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析