積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

安萬純一『青銅ドラゴンの密室』

青銅ドラゴンの密室 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)青銅ドラゴンの密室 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)
安萬純一

南雲堂 2014-12-17
売り上げランキング : 682871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
百年まえ、できたばかりのあのドラゴンの内部で人が死んだ。
それも非常に不思議な殺され方をしたらしいという噂話を聞いたのです。

ホルツマイヤー家の敷地内にある青銅のドラゴンの塔。そこに近代建築研究家と称するラグボーンが訪ねてくる。探偵でもあるという彼に当主ゲオルグ・ホルツマイヤーは塔の調査の見返りにある事件の謎を解いて欲しいと依頼する。調査の最中、ゲオルグの孫が惨殺される事件が起こる。その殺され方は百年前にドラゴンの建造後まもなく内部で二人の旅芸人が殺された方法と同じものであった。


 “《奇想》と《不可能》を探求する革新的本格ミステリー・シリーズ”がコンセプトの南雲堂叢書、本格ミステリー・ワールド・スペシャルの1冊。タイトルどおり、青銅ドラゴン像の腹内で起きた密室殺人に使用された大規模な物理トリックの解明が主体のミステリです。
 4体のドラゴンが鎮座する幻想的な光景の中で100年前の事件を再現するかのように見つかる密室死体、金銭絡みと後継問題でいざこざが燻る元領主の末裔一族、ふらりと現れる名探偵、と現代ヨーロッパを舞台としながらどこか黄金期のミステリを思わせるオーラはデビュー作『ボディ・メッセージ』とも通じるものがあり、掲げられた作品テーマに作者の持ち味がよく合致しています。

 ただ、それによって生み出される物語が古色蒼然としすぎているのもまた事実で、ありがちな設定に王道のストーリーライン、いかにもな空気感はこれまで幾人もの手によって生み出されてきた新本格とさして変わることがなく、キャッチーなキャラクターがいるわけでも誰も考えつかないような独創的なトリックが炸裂するわけでもないため、21世紀のこの時代に改めて新作のミステリとして発表する意味があるかどうかは疑問です。
 構成にしても第一の解決でパーツを余らせすぎているので後の展開が透けて見え、読者を驚かせようと微妙に煙に巻いた書き方が逆に状況を呑み込み難くしていて、より混乱を招いているのもスマートではありません。
 好きな人には好きなタイプの作品かもしれませんが、“あの頃の古き良き本格ミステリ”を目指したという懐古要素を除けば、数多あるうちの一作以上のものとはなり得ていないというのが感想です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析