積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

舞阪洸『御手洗学園高等部実践ミステリ倶楽部 亜是流城館の殺人』

亜是流(あぜる)城館の殺人―御手洗学園高等部実践ミステリ倶楽部 (富士見ミステリー文庫)亜是流(あぜる)城館の殺人―御手洗学園高等部実践ミステリ倶楽部 (富士見ミステリー文庫)
舞阪 洸 八雲 剣豪

富士見書房 2000-11
売り上げランキング : 1331980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
要するに、昨日より今日、今日より明日と、つねに強い敵が出てきて、主人公の前に立ちふさがる。
そして、主人公は昨日の敵を今日の友として明日の敵を倒していかなくちゃいけないのさ。
(中略)
アンケート至上主義の『ジャンプ』では、この図式に乗っていないと、なかなか結果を出せないのさ。
結果を出さないと、打ち切られちゃうからね。ミステリは、この図式に当てはまらないんだ。

「なぁんか足りないよねぇ。高原の美味い空気、食事、ビールに殺人事件まであるってのに」村櫛天由美はつぶやいた。「温泉よ、温泉がたりないのよ! 温泉で血の巡りをよくすれば、迷推理が浮かぶはずよ!」すかさず、有栖が叫んだ。伊場薫子は、御手洗高校に入学してきた一年生。ミステリー作家になる夢の実現のため、入部した部活「実践ミステリー倶楽部」は、アヤシイ部員ばかり。「殺人を呼ぶ」女装の麗人、夏比古。各地に別荘を持つお嬢様の有栖。顧問で謎の多い大学院生の天由美。奇妙な面々が、ふたつの密室殺人に挑む。


「御手洗学園高等部実践ミステリ倶楽部」第1作。
 いまは亡き富士見ミステリー文庫の創刊ライナップを飾ったラノベミステリ。普通の女子高生、伊場薫子が騒々しい先輩たちに翻弄されながら、趣味と暇潰しを兼ねた殺人事件の捜査に駆り出される中編集です。
 タイトルにもなっている「実践ミステリ倶楽部」の“実践”とは、その名のとおり行く先々で出遭った殺人事件に首を突っ込んで実地で解決してゆくとの意味が込められています。
 収録されている2本はどちらも密室を扱った殺人事件。それぞれ別荘地の温泉とヨーロッパの古城を真似て建てられたお館でミステリ作家が殺されます。大枠の設定以外にも、いざ事件が解決してみるとトリックの根幹部や鍵となる要素に少なからず共通項が散見し、意図的なのか偶然か、結果的に1冊の中編ミステリ小説としてはほど良いまとまりを生んでいました。

 両事件共にトリックに斬新さはなく、むしろタネだけ見ればいかにも初級編な内容ですらあるにも関わらず、「事件簿1 完全密室の死体」では全体の図式を変えないままに構図だけを逆転させて魅せるなど、あながち悪いとも言い難い。所詮は高校生の部活動であり、警察の導き出す結論と違っていたところで何らアクションを起こす気力も義理もないという割り切りっぷりはいかにも“ドタバタ本格”の銘に相応しくある一方、書く人が書けば悪趣味なアンチミステリとでも囃されそうでもあって、一体どこまでが作者の手腕でどこからナチュラルにやっているのか如何とも判断がつきません。

 作中の小ネタからミステリ好きなのは伝わってくるのですけれど、この作品だけではその技量がまったく推し量れないから扱いに困ります。2000年の刊行にしてギリギリ90年代を引き摺った上滑り気味な寒々しいノリと、ふた昔以上前の売れないギャルゲーのようなイラストに目を瞑れるのなら、読んでみても良いかもしれません。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析