FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新『刀語 第一話 絶刀・鉋』(2008年以前の読書感想 補完)

刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)
西尾 維新 take

講談社 2007-01-10
売り上げランキング : 205748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
「虚刀流はよ、刀を使わないからこそ強いんだ」 伝説の刀鍛冶、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた12本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめが征く!刀語、第1話の対戦相手は真庭忍軍十二頭領が1人、真庭蝙蝠!


「刀語」第1作。
 一応、“ごくたまに、過去の読書感想も補完してます”と銘打ってはいるものの、過去の感想補完は実に半年振りになります。ほんとに“たまに”ですけれど、そういうのも“たまに”は良いかなぁと。
(一応、目標は“作家作品別アーカイブ”に載せてあるやつ全部の補完なんですけど……はい、ムリですね)

というわけで、本題。


 人生において「これはやられた!」と、まさに目からウロコなミステリに、果たしていくつめぐり逢えることでしょうか?思い返してみると、掛け値なしで絶賛できる作品はそう多くないことと思います。本書は『刀語』という小説の1冊目ということで、その値段の高さとキャラクターの違和感ある言葉遣い、語り口のテンションについていけないこともあり星の数をひとつ減らしましたが、作品内で“やっていること”に関しては間違いなくミステリトリックの殿堂入りです。

 この『刀語』というシリーズ、どう捉えるかは人に拠りけりでしょうけれど、個人的にはミステリだと思っています。敵との戦闘を開始するまでの間の文章にきちんと伏線が張られており、それまでが問題編、戦闘で七花が相手に勝った瞬間からが解決編という構造です。読者は戦闘が始まる前までに、一見攻略不可能と思われる敵を倒す方法を推理する材料はすべて与えられており、論理的にその過程を推理することが可能です。つまり、『刀語』という作品は、バトルもの皮を被ったミステリ小説――攻略方法を推理する攻略系ミステリであるわけです。

 そしてこの『絶刀・鉋』、凄い作品です。
 これがアリかナシかと問われれば、間違いなく人によって分かれる作品です。ナシと答えた人には「そんなバカなww」と感じるでしょう。しかし、これが“有り得る”と思える人にとってはかなり衝撃のトリック(攻略法)です。高田崇史の『QED 式の密室』に衝撃を受けた人には、恐らくこの作品も同等の衝撃を受けると思います。すべては読者各々の捉え方に掛かっていますが、それでもこの作品、自分にはかなりのレベルのことをやっているように思います。

                                           (2008年以前の読書感想 補完)

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析