積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒 Season 13 第5話「最期の告白」


★★★★☆
 右京さんの「暴走する正義」きましたね。死刑確定囚の罪のひとつが偽証だったとわかったところで誰も得をしない。当時の取り調べにしても犯人の自供を引き出すためというのも勿論ありますが、それが悪意によって作られた冤罪ではなく、堀江さんが盗難被害から靴下を消したのも真に迫った容疑者に対する温情があってのことだったのでしょう。
 しかし、右京さんの正義はそれを許さない。たとえ真実を突き付けることで関係者が悲嘆に暮れることになろうとも、一切の妥協はありません。中根署への突撃はともかく、加害者家族への真相暴露――とりわけ小さなお子さんが陰で泣いているのに淡々と事実を語る姿はもはや鬼でしょう。
 そしてカイトくんにはまだそれを止める術も、共に歩む覚悟もできていない、と。

 結果としてあの母娘への救いが残ったからまだ希望があるものの、警察官であれば(たぶん)一度くらいは経験しているだろう些細な出来事を“取引”よばわりされてほじくり返され、すべてを奪われることになってしまった堀江さんを思うと決して後味の良い作品だったとはいえません。
 カイトくんが何か言おうとして呑み込んでしまうラストもその心情を考えると苦々しい部分があり、“激動の”Season 13 を感じさせる印象深い1篇でした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。