積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

内山純『Bハナブサへようこそ』

BハナブサへようこそBハナブサへようこそ
内山 純

東京創元社 2014-10-14
売り上げランキング : 172143

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
僕――中央(あたりあきら)――は、大学院に通いながら、元世界チャンプ・英雄一郎先生が経営する、良く言えばレトロな「ビリヤードハナブサ」でアルバイトをしている。 ビリヤードは奥が深く、理論的なゲームだ。そのせいか、常連客たちはいつも議論しながらプレーしている。いや、最近はプレーそっちのけで各人が巻き込まれた事件について議論していることもしばしばだ。今も、常連客の一人が会社で起きた不審死の話を始めてしまった。いいのかな、球を撞いてくれないと店の売り上げにならないのだが。気を揉みながらみんなの推理に耳を傾けていると、僕にある閃きが……。


第24回鮎川哲也賞受賞作。
 ビリヤードの元世界チャンピオンが営む店を訪れる常連客と従業員らが、身近で起こった殺人事件についてあれやこれやと討論しながら推理する安楽椅子探偵ものミステリ。メインキャラクターのプロフィールは話が進む中でさらりと語られはするものの基本的に普段の生活は謎に包まれており、主人公こそ語り部の中央ではありますが、実際には「ビリヤードハナブサ」という場こそが重視され、店主とバイト、常連客をひっくるめた縁あって集った人々がひとつの共同体として探偵役を担っています。

 収録されているのは全4篇。短編が3本と、それらの短編をすべて合わせたものと同じくらいの中編1本という構成になっていて、各話のタイトルにはそれぞれの内容にちなんだビリヤード用語が冠されています。
 が、そうした趣向によって読者に対して謎解きが始まる前から何がヒントであるのか丸わかりな状態になってしまっているのは宜しくない。ミステリというのは巧妙に忍ばされた伏線が解決編で初めて浮かび上がってくるから面白いのであって、いまから〇〇に擬えた話をしますとネタを割られた上でこれ見よがしに用語解説されたところで、謎解きに使いたいからわざわざ教えているんだな、と冷めた目で受け取らざるを得ません。さり気なさが不足しているのです。
 加えて前半3篇の真相はどれこれもこれもありきたりなものばかりで、いくらビリヤードと絡めているといっても事件そのもの求心力がなさすぎる。魅力的な謎も目を見張るような論理も驚くような真相もなく、ただ「こんなビリヤード用語をモチーフにしているんだよ」だけでは読者の心を引っ張ってはいけないでしょう。
 最終話となる「マスワリ」は中編だけあって力も入り、唯一独創性が感じられるお話になっていましたが、この作者の光る部分はどこなの?と問われてこれといって出てこないのは新人賞受賞作としてどうなんでしょうか。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析