積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新『掟上今日子の備忘録』

掟上今日子の備忘録掟上今日子の備忘録
西尾 維新 VOFAN

講談社 2014-10-15
売り上げランキング : 87

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
ゆめゆめ忘れません。大丈夫です、私、記憶力はいいほうなんです――一日以内でしたら
掟上今日子――またの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れる彼女は、事件を(ほぼ)即日解決! あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。「探偵を呼ばせてください―!!」スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、事件の概要を忘れる前に解決できるのか?


「忘却探偵」シリーズ 第1作。
 西尾維新による久々のミステリ新作。たった一日しか記憶が保てないがゆえ事件を最速で解決する探偵・今日子さんと、道を歩けば事件に遭い、無実にも関わらず必ず疑いを掛けられる青年の日常の謎もの連作短編集です。
 設定こそキャッチーではありますが内容の方は極めてシンプル。「戯言シリーズ」や「化物語」のようにキャラクターの掛け合いや言葉遊びが目立つ作品でもない、雰囲気としては『トリプルプレイ助悪郎』『難民探偵』 『少女不十分』あたりと似た落ち着いた作風です。作中では作家の年齢と作品へのスタンスの関係について触れられる場面もあって、やはり最近の西尾維新の小説は若さとノリに任せた書き方から少し変わってきているのかな、という思いを新たにさせます。

 本書では4つの事件を取り扱っており、“盗まれた100万円を取り戻すために犯人からの1億円の要求に応じる被害者”という設問を掲げた第2話は、いかにも日常の謎らしいシチュエーションの奇異さと解決で特に面白く、与えられたヒントから推理作家の遺稿を見つけ出す第3話の宝探し共々、大変楽しめました。
 一方でバックアープデータ盗難事件を描いた第1話と、石崎幸二『日曜日の沈黙』を髣髴させる第4話、第5話は情報開示に公正さを欠いている部分があり、発想自体は良くとも読者が自力で真相に到達できる本格ミステリには成り得ていません。
 しかしながらこうした構造の作品を読んだときにまずは思い浮かべるのは昨今流行りのライトミステリーと呼ばれるジャンルで、実際本作は非ミステリ読者や女性にも人気のある『ビブリア古書堂の事件手帖』『珈琲店タレーランの事件簿』などとかなり近しい印象を受けます。西尾維新といえばライトノベル好きな人間やミステリ読み以外には見向きもされない一種マニアックな作家であるだけに、このような一般ウケしそうな作品を上梓したことは意外でした。
 メディアワークス文庫や新潮文庫nexあたりから出していれば従来とはまったく違った読者層が付きそうなだけに、講談社からソフトカバーでの刊行は少し勿体なかったかなとも感じます。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析