積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

探偵小説研究会『2014 本格ミステリ・ベスト10』

2014本格ミステリ・ベスト102014本格ミステリ・ベスト10
探偵小説研究会

原書房 2013-12-02
売り上げランキング : 291736

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
ロング・インタビューは北山猛邦、深木章子。若手のホープ円居挽×森川智喜対談など、多くの作家・評論家を輩出している大学ミステリ研究会を特集! もちろん国内・海外ランキングから映像・評論・ゲームまで網羅した本格年鑑。


 2014年も残り少なくなり、ミステリランキングの対象期間も終わりが迫ろうとしていますが、昨年ぶんの感想記事を未だに上げていなかったことに気付いたのでいまさらながら雑感のみ述べておこうと思います。
 2013年はこれぞ!という突出した作品が殆ど見られない極めて不作な年でした。そんな中、ランキング1位は麻耶雄崇『貴族探偵対女探偵』、2位が青崎有吾『水族館の殺人』、3位に梓崎優『リバーサイド・チルドレン』と続くも、ベスト10には法月、歌野、島荘、よねぽとベテラン勢が目立ちます。ここで印象的なのは評判が芳しくなかった作品、読んでみてそこまでではないだろうと感じるミステリも多くランクインしている反面、高林さわ『バイリンガル』(30位圏外)、森川智喜『一つ屋根の下の探偵たち』(30位圏外)、菅原和也『CUT』(30位圏外)、赤月黎『魔女狩り探偵春夏秋冬セツナ』(ラノベミステリのコーナーですら触れられず)……等のあまりネームバリューのない作家の秀作がことごとく落選している点です。

 特に、曲がりなりにも本格ミステリを標榜するのなら『バイリンガル』は2013年に外せない一作のハズで、こうした意欲的で独創性のあるミステリがまったく拾われず、周木律『眼球堂の殺人』や市川哲也『名探偵の証明』のような、どこがどう評価されたのかわからない凡作がベスト20に入ってくる現状は理解し難いものがあります。今回のランキングを眺めていると、もはや投票がミステリとしての精度や出来に依るものでなく、新人賞注目度や作家本位の権威主義的なものへと変わりつつあるのでは?といった危惧さえ覚え、『本ミス』の今後が不安になりました。
 例年であればこうした本ランキングから取り零された良作の受け皿となっていたネット投票ランキングも参加者の減少からか廃止され、「これ一冊で今年の本格のすべてがわかる」本には到底なり得ていないと言わざるを得ません。
 あまりにも全体のフォローができていないため、昨年は『俺ミス』こと『本格ミステリー・ワールド2014』も後から購入しました。今年は納得のいくランキングを期待したいものです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析