積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

月原渉『黒翼鳥 NCIS特別捜査官』

黒翼鳥: NCIS特別捜査官黒翼鳥: NCIS特別捜査官
月原 渉

新潮社 2014-04-22
売り上げランキング : 514479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
不躾な云い方をすれば、安全性に疑問があると声高に叫ぶのは、一部の人たちだけです。
その一部の人たちは、安全性にまつわるすべてのデータを無視するか、まったく見ようとしません。
感情論に突き動かされているだけです。

洋上に浮かぶ米軍艦艇から飛び立ったオスプレイ。乗員は米海兵隊員数名と技術者、そして装備調達部門の自衛官一名。事件は水平加速への移行中に起きた。狭い機内で全員着席中だったにもかかわらず、被害者の自衛隊員は正面から二度刺されて殺されていた。どこからも発見されない凶器。直前に流れた不思議な歌声。なぜ事件はオスプレイで発生したのか。米軍内の犯罪を捜査するNCISが辿り着いた真相とは。


「NCIS特別捜査官」第2作。
 訓練飛行中のオスプレイ内で殺人が起きるミリタリーミステリ。設定こそキャッチーですが、事件そのものはまさしく本格らしさ満点で、衆人環視と安全ベルトによる拘束に加え、空飛ぶ閉鎖空間という二重三重にも敷かれた密室状況の不可能性が読者の興味を牽引します。前作『月光蝶』と同様、在日米軍の捜査官が主役なこともあって、事件を巡る日米間の軍事的駆け引きや基地問題の是非等の問題提起が為されるのも本シリーズの大きな特色です。
 実際、このミリタリー要素は作品においてかなりの強みであり、ネタだけ見ればありきたりでオーソドックスな本格ながら、現代日本における時事問題や斬新な舞台(本作の場合はオスプレイ機内)で装飾することで、鮮烈な印象と訴求力を備えたミステリへと生まれ変わっています。

 その一方で一旦ニュース報道が過熱している時期がすぎてしまうと、どうしてタイミングを逸した感が否めなくなってくるのも時事ネタを取り込んだ際の宿命でしょうか。
 中盤には大規模な立ち回りとアクションシーンも用意され、登場人物の殆どがアメリカ人で尚且つ軍人でもあるストイックな作品だけにサスペンスものの洋画を見ているようですらあります。
 エンタメ性も抜群で本格としても良し。社会派要素もあり。2014年の世相を色濃く反映した作品として、見方によっては本年を代表する小説といえるかもしれません。ミステリクラスタに限らず、幅広い層にオススメできる良作です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析