積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新「りぽぐらの忍び 忍法・百五十分身の術」

信長の忍び 8 (ジェッツコミックス)信長の忍び 8 (ジェッツコミックス)
重野なおき

白泉社 2014-08-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
千鳥――それがあなたを殺す者の名前です
戦国最強と呼ばれる男・武田信玄が、徳川家康をたたく! 有名な三方ヶ原の戦いを完全収録! 家康の切ない逸話も完全収録(笑) そして千鳥が拷問を受ける展開に……。西尾維新による、忍び・千鳥の戦。連載誌ヤングアニマルで話題となった連載150回記念電撃寄稿を豪華収録!


 『りぽぐら!』の挿画を担当して貰った縁で、西尾維新が重野なおき『信長の忍び』の連載150回記念に書き下ろした短編小説。
 『信長の忍び』の凄いところは、燃えと萌えが混在し4コママンガなのにドラマとしての大河性が盛り込まれ、先々のストーリーが気になって仕方ないというレベルで内容を盛り上げている点でしょう。4コマといえばくすっと笑える箸休め的なものが多い中、超巨弾戦記ギャグ4コマの名に違わず“物語”で魅せる作品となっているのです。

 第8巻では織田と武田が本格的に衝突し、囚われた千鳥が拷問(指の爪の裏側に竹串を刺される!)を受けるハードでシリアスな展開が続く中、西尾維新の小説もまた合戦場での敵方から見た千鳥の化物らしさ、異形さを描いたものとなっており、このあたりが西尾維新の創作テーマである「道を外れたやつらでもそこそこ楽しく、面白おかしく生きても良いんだよ」に通じているのも興味深い。
 150回を記念して、千鳥の分身という体で本文中に150の“ちどり”を紛れ混ませるなどの言葉遊びも実にらしくはあるものの、ぶっちゃけ本編の読者はこういった堅苦しい実験小説よりも「化物語」に見られるような賑々しい掛け合いをする帰蝶や千鳥、信長の方が読みたかったんじゃなかろうかと思わないこともありません。倉坂鬼一郎の『波上館の犯罪』と同じく、膨大な労力が掛かっているわりに必ずしも読み手のニーズと合致しない誰得感が漂っているのも事実でした。いや、作者得なんでしょうけれど。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析