積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

早坂吝『○○○○○○○○殺人事件』

○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)
早坂 吝

講談社 2014-09-04
売り上げランキング : 1203

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
だが、敢えて言わせてもらおう。
んなモン分かるかボケッ!

アウトドアが趣味の公務員・沖らは、フリーライター・成瀬のブログで知り合い、仮面の男・黒沼が所有する孤島で毎年オフ会を行っていた。沖は、今年こそ大学院生・渚と両想いになりたいと思っていたが、成瀬が若い恋人を勝手に連れてくるなど波乱の予感。孤島に着いた翌朝、参加者の二人が失踪、続いて殺人事件が!さらには意図不明の密室が連続し……。果たして犯人は? そしてこの作品のタイトルとは?


第50回メフィスト賞受賞作。
 『メフィスト』誌上での座談会でも物議を醸し、女性編集部員退去(結局、叙述トリックで居残っていましたが)の異例な事態まで引き起こした問題作。
 冒頭から「タイトルの“〇〇~”に入ることわざを当てよ」との読者への挑戦が叩きつけられ、いかにもキャッチーなイロモノ感で読者の興味を惹きますが、いざ読み終えてみるとそんなものは些事でした。探偵役のキャラ設定、事件の真相、推理の工程――そのどれもが強烈すぎるほどのインパクトを残し、冗談抜きにこの作者は馬鹿なの?死ぬの?というレベルでぶっ飛んでいます。

 絶海の孤島に仮面の主、針と糸で構成された密室等の本格ミステリにおける王道のガジェットが尽く下ネタに奉仕し、すべてのエロ要素が謎解きのために機能する。平成のこの時代になって敢えて針と糸で密室を作る理由やその活かし方、女性陣の意識を奪ったトリック、各所に配された伏線など、ミステリとして見るべき点も非常に多く、テクニカルな作品であるのは確かなのです。
 しかしながら、それら本格としてのスキルのすべてがあまりにも出オチ同然なネタのために浪費されるくだらなさ。技量が高ければ高いほどその馬鹿馬鹿しさに拍車が掛かり、笑いを誘います。「めちゃくちゃ頭は良いのに人間的におバカな男子中学生が書いたミステリ」とでも言うのでしょうか。良い意味でも、悪い意味でも酷すぎる。

 チャレンジ精神では2008年の汀こるもの『パラダイス・クローズド』以来のインパクト。そりゃあメフィスト賞でなければ世に出てこなかった作品ですけれど、こういう路線のミステリを求めていたかというとちょっと違うような……。いや、笑いましたけどね。爆笑でしたけど。
 オススメはしません。品性の欠片もなくてもOKという方のみ手に取ってください。とりあえず、本格ミステリの歴史にその名を刻んだであろうことは間違いありません。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析