積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ももちも大好き!森博嗣『すべてがFになる』が連ドラ化


2014年秋クールより
第1回メフィスト賞受賞作『すべてがFになる』がフジテレビにて放送されます。
2話完結のスタイルで「S&M」シリーズを順々に映像化していくそう。
ひとつの作品を1クールにまで引き伸ばしちゃうと、どうしてもダレてきますからね。
これは良い判断です。

森博嗣作品の映像化はSPドラマ『カクレカラクリ』、映画『スカイクロラ』以来ですかね。
しかも今回は本丸ともいえるシリーズということで、全ミステリファン要注目でしょう。


かくいう私自身は、実は『すべてがFになる』は未読。
森博嗣の作品で読んだことがあるのは上述の『カクレカラクリ』と『黒猫の三角』のみで
集めるノベルスで揃えたいと思っているうちにどんどんノベルス版が手に入り辛くなり、
結局、殆ど手を出さないまま現在まできてしまいました(『すべてがFになる』自体は積読中)

今回の映像化を機に、書店でも容易にノベルス版が入手しやくすなって
そして講談社ノベルス、ひいてはメフィスト賞への注目度が少しでもアップすると嬉しいですね。

しかし、主演が武井咲と綾野剛とな。
綾野剛じゃちょっと若すぎない?と思ったら、意外と年齢差あったのね。
そりゃあ『555』の頃から10年近く経ってますからねぇ。

何にせよ、楽しみです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析