積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

来月の文庫発売予定


どうも。本棚を6段占有していた「スター・ウォーズ」のスピンオフたちを
決心を固めて100均の収納袋にINシテミル はろーすみすです(清涼院御大的言い回し)

本当はSWはいつでも手に取れる位置に置いておきたいのですけれど
『EP7』公開にあたって今後、新たな邦訳スピンオフが刊行されるとして
レジェンズ群と一緒に並べて良いものか悩みますし、何よりも本棚スペースが足りてない。
そろそろ200冊近いわが家の講談社ノベルスがそろそろ本棚からあぶれてきているので泣く泣く処置しました。

つくづくコレクター気質というのは厄介ですね。
これだけ買っておいてまだまだ集めたいシリーズがあるという。
高田崇史「麿の酩酊事件簿」、関田涙「ヴィッキー」シリーズ、佐藤友哉「鏡家サーガ」、
森博嗣「S&M」、「V」、「四季」の各シリーズ、北山猛邦「城」シリーズはとりあえずフルコンプしたいところ。


例によって例の如く購入予定は☆
以前に読んだモノの文庫落ちは★

04日☆『べにはこべ』/バロネス・オルツィ
     『シャーロック・ホームズ 最後の挨拶』/アーサー・コナン・ドイル
11日☆『ココロ・ファインダ』/相沢沙呼
12日☆『頭蓋骨の中の楽園(上)』/浦賀和宏
   ☆『頭蓋骨の中の楽園(下)』/浦賀和宏
     『カンナ 出雲の顕在』/高田崇史
     『怪盗グリフィン、絶体絶命』/法月綸太郎
19日  『真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク』/喜多喜久
13日  『幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~』/マナベスグル
25日  『カンピオーネ!(17)』/丈月城
27日☆『スキュラ&カリュブディス 狼と少女と五人の死(仮)』/相沢沙呼
   ☆『消えない夏に一緒にいる(仮)』/水生大海
   ☆『絶望系(仮)』/谷川流
29日  『犬とハサミは使いよう(10)』/更伊俊介
   ★『眼鏡屋は消えた』/山田彩人


8月から新たに新潮文庫nexなるレーベルが創刊。
ライトノベル畑の作家さんを多く引っ張り、キャラクター系のイラストが表紙を飾るMW文庫系レーベルです。
富士見書房からは既に富士見L文庫なる新レーベルが立ち上がっており、
要するに『ビブリア古書堂の事件手帖』や『珈琲店タレーランの事件簿』、『謎解きはディナーのあとで』といった
軽く読める&キャラ立ちしたミステリが流行っていることを受けての新創刊だとは思うのですが
ミステリ読み的には本格作家が多く投入されている点にも注目しておきたいところ。

この流れっていっときの
富士見ミステリー文庫、角川のスニーカー・ミステリクラブ、白泉社My文庫を髣髴とさせますよね。
あちらは結局ラノベ読者層に受け入れられず、撤退を余儀なくされたわけですが、
今回は想定読者があくまでも一般(若者)向けとのこともあり、まったく別の結果を生むかもしれません。
旬のミステリ作家が文庫書き下ろしで新作刊行というのも、なんとも贅沢な話ですしね。

応援の意味も込めて今月末に発売の創刊ラインナップから『いなくなれ、群青』を買おうと思います。
しっかし、よく谷川流なんて連れてこられたなぁ。新潮社、本気だわ。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析