積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ウルトラマンギンガS 第4話「強さの意味」


 「ウルトラシリーズ」の序盤ではお馴染みの“力への戸惑い”から上手く闘えなくなる回。しかしこそこは生真面目なショウのこと、大きな力を手にした慢心からではなく、使命感による他者への拒絶というのが実に「らしい」。
 この手のお話は大抵、主人公が葛藤するものですが、前作で修羅場を切り抜けた頼もしいヒカルが迷えるショウにアドバイスを送る構図が新鮮で、「ウルトラマン」初の第2シリーズ(『ウルトラギャラクシー』があるので「ウルトラ」初ではないところがポイント)かつW主人公ものとして、なるほどこういうふうに見せてれくるとは。
 ヒカルがもうひとりの主人公の先輩格に回ったことで、前半戦はギンガ、後半戦はギンガは登場せずサドラへのライブのみと能力を使い分けていたのも作劇の幅を拡げていたと思います。主役キャラクターが必ずしもメインバトルに参戦しなくても買わないというつくりは、『ウルトラギャラクシー』の方法論が活きているのでしょう。

 今回特徴的だったのはもうひとつ、スパークドルズは善でも悪でもなく、使うものによってその立ち位置が変化するという『ギンガ』立ち上げ時の基本コンセプトを改めて描いていた点。SDたちは破壊の力を持った悪しき存在ではなく、悪いことをしているのはあくまでも操られているにすぎないんだよというメッセージは、『ガイア』、『コスモス』を経て倒されるべき存在でなくなった怪獣像が『ネクサス』で一度リセットされ、『ウルトラギャラクシー』や『列伝』内での新撮パートを経て、再び愛すべき存在、共存できる存在へとめぐりめぐってきたのが興味深い。
 そりゃあ、スパークドールズ劇団やダークネスファイブ、三馬鹿エージェント、レイのゴモラやリトラ、ラッシュハンターズの活躍を見た後で、「はいはい怪獣だから倒しましょうね」とはそうそうなれないですものね。そういう意味では、『サーガ』で慈愛の勇者であるコスモスを起用したこと、そしてその闘い方がゼロにも影響を与えたことは「ウルトラシリーズ」における怪獣像を再考する上で、非常に大きな意味合いを持っていたと思います。

 ボルストやキングジョーカスタムと同じく、今回のグドンさんもどことなく初代寄りに改修されていたものの、個人的には『メビウス』版が完成された美しさだっただけに微妙。関節の黒い部分(隈取り?スミ入れ?)を広く取りすぎて、アトラク怪獣的なチープさを感じさせます。
 というか右腕の鞭に至ってはちぎれ掛かっていたんですけど、『ファイト』や『タロウ』じゃあるまいし、地デジ放送の時代にこのレベルまでくたったものを堂々と出すのはちょっと……。サドラの重層ベローズピンチも結構痛んでましたし、『メビウス』からこっち使い続けてきた怪獣スーツにもそろそろ限界がきているのかな、と。
 いっそのことグドンの弟のグットンとして出すのもアリですよ?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析