積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ウルトラマンギンガS 第1話「切り拓く力」


 昨年、『新ウルトラマン列伝』内にて放送された『ウルトラマンギンガ』のセカンドシーズンが遂に始まりました。予算なし時間なし出演者少なしの体力ほぼゼロ状態の中、ギリギリで作られた新作テレビシリーズでしたが、幸いにしてその試みは成功し、こうして「ウルトラマン」初の第2シーズン製作(『大怪獣バトル』は「ウルトラマン」ではなく「ウルトラ」シリーズということでw)にまで繋げることができたのは嬉しいばかり。
 実際、今回からはマクドナルドが新たにスポンサーに付いたり、日産が協力してくれたりと着実に前作時点よりも状況が改善されているのが良いですね。
 それは映像面にもいえることで、新たなスタッフ、新たな怪獣、そして新たなウルトラマンを迎えて作られた『ギンガS』はこれまでの「ウルトラマン」と比べて何ら遜色のないどころか、より面白く、より燃える作品となっていました。

 今作は初っ端のビクトリウム採掘からとにかく押せ押せで、世界観の説明も置いたままとにかく勢いで突っ切ってくれます。このあたりは(仕方のないこととはいえ)総集編を乱発した1期の反省もあるだろうし、それ以上に既にある『ギンガ』の物語を土台とすることで大幅に説明をスポイルできたのかな、と。
 ギンガよりも先にビクトリーが登場するのはその最たるもので、ライバルキャラを先に出しても主役が食われすぎないのは、何より一期があったからでしょう。ギンガ同様全身にクリスタルを散りばめながらも赤と黒、そして黄色をメインにした配色はウルトラマンとしてはかなり異彩を放ったものながら、これまでマンタイプ、セブンタイプの二方に偏りがちだったデザインから転換したまさかのエース顔というのが意外です。一般にマンタイプに見られがちなエースですが、実は頭部の形状含め歴代ウルトラマンの中で後にも先にもない唯一無二のデザインなんですよね。
 メインにマン顔、サブがセブン顔ではなく、敢えてそこを崩したデザインを持ってきたことにスタッフの挑戦心を感じます。

 エージェント側の中ボス格がチブル星人というのも意外なチョイス。しかも身体の弱さを補うためにチブローダーに搭乗しており、これだけ見てももしかしてエクセラーはプラズマギャラクシー出身?と想像を掻き立てられます。
 しかしこのチブル星人、CGキャラクターだとは思うのですけど、チブローダー内の本体に関しては殆ど実写と差異のないレベルじゃないですか。CG技術も進化したものです。
 敵怪獣がEXレッドキングなのはまたかと感じないこともないですが、土を巻き上げ闘う煽り構図と1期のキングパンドン戦でも見られたマグマどっぱーん!!もケレン味があって非常に宜しい。
 マグマとギンガサンダーボルトを相打ちにさせてからのギンガクロスシュートという二段攻撃も痺れます。フィニッシュに必殺技ひとつ放って終わりではなく、ギンガの技の多用さをフルに活かした戦闘なのが素晴らしい。このあたりは『AtoZ』や『MEGAMAX』で全メモリチェンジ、全スイッチ換装を見事に実現させてくれた坂本監督らしい演出です。
 坂本監督はこれで「戦隊」「ライダー」「ウルトラ」の三大特撮シリーズでメイン監督を務める偉業を成し遂げたわけですが、そこまで引っ張りだこになるのも頷けるというもの。
 何より、東映で培ったノウハウを円谷で活かし、縦割り行政的だった特撮業界に技術のパイプラインを敷いてくれたことは今後に大きな意味を持ってくるハズです。

 『ギンガ』の独自性である脱防衛チームの青春ものが潰れてしまった点は些か残念ではあるものの、また毎週こうして「ウルトラマン」を楽しめるのは至福の極み。『ウルトラマンギンガS』、期待しています。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析