FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

地上波のTSCCが酷い件。

 先週から、土曜日の11時台のドラマ枠で『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』が始まったのですが、HDDの録画時間を見てみると45分しかないわけですよ。まああの枠は開設当初から45分枠だったので、そこに疑問の余地はありません。

 ただ、そうなるとCM抜きでぶっ通して45分放送するのかな、と思っていたわけです。スポンサーが黙っちゃいない(ていうかムリ)とか難しいことは放っておいて。とりあえず。

 で、録画してある第1話を見たら、普通にCMが入ってる!
 うん、それは当然なんだから良しとしよう。

 それでまあ海外ドラマ好きな人間としては、DVDに焼こうかなとか思ったりするんですよ。早速、編集してCMを削除すると――本編時間が30分強!

 いくらなんでもそれは短過ぎるだろ、と思いつつビデオ屋まで赴いて『サラ・コナー・クロニクルズ』の第1巻のパッケージを手に取り、本編時間を確認してみると2話で90分強=1話あたり45分計算です(はい、暇人ですね)
 ん、普通はそうですよね。1時間ドラマからCM抜いたら、普通はそうなる。
 でもちょっと待て。

 地上波放送、10分間どこいった!?

 なんですか、それは。意味がわからない。
 45分の本編から10分間もカットするとか、マジありえん。
 暴挙以外の何ものでもない。

 完全版を見たければレンタルするか買えってことですか?
 それだったらわざわざ時間制限があるあの時間帯に放送しないで、もっと深夜か、それこそ1時間ドラマ枠で放送してくれって話ですよ。

 確かに、思惑はわかります。映画の地上波放送もそうですが、海外ドラマの地上波放送はDVD販売の一種のコマーシャルを担っていて、放送後にDVDの売り上げが伸びるということは知っています。だから海外ドラマ放送のスポンサーはDVDの販売元が大多数だ、ってことも。

 だけど、作品全体の4分の1カットはいくらなんでもやりすぎ。そこまでされると、展開に不自然さが出てきたりとドラマの質にも関わってきます。
 何より、作品そのものに愛はないのかって話です。


というわけで、かなり許し難い
――というよりちょっと理解し難い出来事の報告でした。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析