積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

今月の購入予定


どうも。ディアゴスティーニから創刊された『スタートレック・スターシップ・コレクション』を
買おうか買うまいかさんざん悩んで、涙を呑んで諦めた はろーすみすです。
創刊号、第2号こそ安いものの、その後のモデル1個につき2500円はさすがに高いかなぁ、と。
色々情報集めたところによると、号によって出来不出来の差も結構あるらしいですしね。

ただ、E型エンタープライズ、ヴォイジャー、ヴォイジャー(25世紀魔改造型)、プロメテウス、ドーントレス、
NX-01、NX-01(E2)、NXアルファ、NX-02 コロンビア、エンタープライズ(ST11版)、DS9、ボーグ・スフィア
……このあたりは欲しかった。
欲しかったけれど、一度買ってしまうとキリがなくなるので我慢します。
エフトイズのフリートコレクションは結局Vol.1しか出なかった上、ヴォイジャーがなかったんですよね。

ST11やST12が大ヒットを飛ばしているのに食玩関連はまったく音沙汰なし。
ドラマ版は未だにレンタルすらなし。
日本のスタトレ事情は本当に、新規ファン参入を阻んでいるとしか思えません。

1.小島正樹『硝子の探偵と銀の密室』(講談社ノベルス)
2.月原渉『太陽が死んだ夜』(創元推理文庫)
3.初野晴『カマラとアマラの丘』(講談社文庫)
4.森川智喜『半導体探偵マキナの未定義な冒険』(文藝春秋・単行本)


今月はこんな感じで、相変わらず買うものは少なそうです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析