FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

山口芳宏『妖精島の殺人(下)』

妖精島の殺人(下) (講談社ノベルス)妖精島の殺人(下) (講談社ノベルス)
山口 芳宏

講談社 2009-10-07
売り上げランキング : 771712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
……君の言いたいことはわかった。
街が消失し、妖精界が出現するという噂の「竹原島」。真相を探る学生の森崎と菜子、そして謎の招待状によって集められた富豪の郷原一族は、島の「妖精城」を訪れた。だが直後に悪夢は始まる!!墜落死、毒殺、銃殺……異形の城で起きる連続殺人。彼らは殺人鬼の魔手から生き延びることができるのか? そして街の消失と妖精界出現は真実なのか? 学生探偵・真野原が島の秘密を暴く!!


『~島の殺人』シリーズ 第1作の下巻。

事件が起きるまでの上巻の期待感に比べると、どうしても尻すぼみな感が否めないです(つまらないという意味ではないです)
トリックなんかも「ふぅん、そう」みたいな感じで。そこまで奇抜かといわれれば、そうでもないんですよね。
――しかも、
なんか難しい計算式でてきた!!

(以下ネタバレ)


 いや、よくよく考えてみれば中学生の計算問題なんですけど、そんなものから離れて久しい自分には難しかったです。ていうか、こんな計算式本当に解いている人なんて殆ど皆無に近いでしょ、実際。誰がミステリ読みながら片手に鉛筆持って正方形の対角線の長さを求めるんだ、と小一時間(ry
 まほろさんが理詰めで論理的思考を測る適正試験(?)だとしたら、こちらは高校受験の数学の文章題。でもってそんな具合で結局のところ計算が主だから、謎が解かれたときのすっきりさというか爽快感というのがイマイチ得られにくかったです。
 肝心の城移動のトリックまではわからなくとも、どうせ妖精界が同じ島の別の場所にあるだろうというあたりまでは容易に想像できるのもネック。

 あと問題は真野原です。いくらなんでも真犯人自殺の黙認と、黒幕を攻め立ててのあの行為は、『相棒』の右京さんの持つ危うさをよりエスカレートさせたようなレベルで、はっきり言ってかなり非道い。真野原自身、ああなることが予測できなかったはずもない――というより、容易に予測できていたハズなんですよ。それでいて、そこらへんの経緯を飲み会で悦に入って話すというのがまた非道い。人の命<謎解きの演出 という考え方を持っているのは極めて古典ミステリの探偵っぽくて、つまりは所詮自己満足なわけですよ。
 この思想はちょっと許容できない。探偵である以上、たとえ相手がどんなに卑劣なであっても、最後まで“命”は大切にしなくちゃいけないと思うんです。それをあまつさえ、自殺幇助に極めて近いやり方とか、非道すぎる。真野原キライ。

 ストーリーは面白かったので、次作も読みますが、このままの真野原だとちょっときついかも。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析