積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

深水黎一郎『美人薄命』

美人薄命美人薄命
深水 黎一郎

双葉社 2013-03-20
売り上げランキング : 87522

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
孤独に暮らす老婆と出会った、大学生の総司。家族を失い、片方の目の視力を失い、貧しい生活を送る老婆は、将来を約束していた人と死に別れる前日のことを語り始める。残酷な運命によって引き裂かれた男との話には、総司の人生をも変える、ある秘密が隠されていた――。


 これも昨年に読んだ作品ですがまだ感想を上げていなかったので。
 『2014 本格ミステリ・ベスト10』第17位。メフィスト賞作家、深水黎一郎によるノンシリーズものミステリです。
 「芸術探偵」シリーズに始まる美術作品と共に深水黎一郎が自身のテーマとして掲げている、一見するとミステリに思えない物語を反転させ、解決編になって初めてその裏に隠されていた「真意」が明らかになるタイプの作品です。
 そのため本作では事件らしい事件は殆ど起きず、単位習得のために弁当配達のボランティアに勤しむ大学生と彼を迎える老婆との交流がメインとして描かれます。老婆の昔語りと予知能力に翻弄されつつも、次第に打ち解けていく主人公。
 そんな平穏な日常がとある事故をきっかけに崩れ去り、そこからこれまで見えていた物語がいっきに反転してまったく別の構図を見せるところは、紛れもなく本格ミステリの様式といって良いでしょう。

 反面、その構成故に探偵役の登場、謎解きの唐突さはどうしても拭えないものがあり、日常パートから解決編パートへの移行があまりスムーズに感じられません。また、物語の本筋や謎解きには直接掛かってこない設定やエピソードが散見されるのも綺麗でなく、すべてのピースをきっちり嵌め切れていない収まりの悪さが残ります。
 もしかすると老婆の想いとの対比だったのかもしれませんが、それらが上手く絡んでいないので“余剰”に見えてしまうんですね。
 とはいえ膨大な量の伏線と読者を巧みに騙すテクニック、さらには真相の意外性まで兼ね備え、読み応えある良質なミステリに仕上がっているのは確か。暗号解読も面白く、満足度は大変高いです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析