積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 12 第8話「最後の淑女」


★★★☆☆☆

 すっかり遅くなってすみません。先週放送ぶんの感想です。
 たまにある女性ゲスト主体の話ということで物語は半倒叙形式。あとは女優の演技を見てくださいと言わんばかりの光の当て方含め(ドラマでこういう演出は萎えますし、下世話でしょう)、『相棒』というよりは岩下志麻劇場でしたね。
 お金持ちの小説家と雇われ使用人、豪邸をサロンとして訪れる人々という設定はいかにもミステリ的な舞台立てであり、懐かしい気分にさせられます。「ホトトギスの罪」に秘められた意味合いも現代ミステリには少しそぐわない、前時代的な――それこそ乱歩や横溝の小説に出てきそうな雰囲気で、現代劇としてこれをやるにはやや無理があったように思います。まあ、だからこその「最後の淑女」でもあったわけですが。

 Season 12 になってから続く甲斐次長の高潔さ推しも気になります。第1話での小憎らしいまでに揺るがず警察組織を信じる姿勢といい、前シーズンまでで描かれた敵としての峯秋から路線変更し、最終的には甲斐次長を完全に特命の後見人として長谷川元副総監との対決にもっていきたいのかなー、などと無駄に邪推してしまいます。何にせよ、カイトくんと甲斐パパが和解する日もそう遠くはないのかな。
 オープンエンドは基本的に好きではないのですが、今回ばかりは右京さんとカイトくんの決意の行方をはっきりと示さなかったことで奥行きが生まれていました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析