積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

法月綸太郎『ノックス・マシン』

ノックス・マシンノックス・マシン
法月 綸太郎 遠藤 拓人

角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-27
売り上げランキング : 1343

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容について確認したいというのだ。その論文のテーマとは、イギリスの作家ロナルド・ノックスが発表した探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。科学技術局に出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる……。


 黄金期の古典ミステリを題材にしたSF小説。『このミステリーがすごい!2014年版』第1位、『2014 本格ミステリ・ベスト10』第4位と今年度のミステリランキングで軒並み高評価を得た一作です。
 収録作は全部で4篇。ロナルド・ノックスによるノックスの十戒やアガサ・クリスティの失踪事件、クリスティ史上最駄作と称される『ビッグ4』と最高傑作と誉れ高い『そして誰もいなくなった』、エラリー・クイーンの「国名シリーズ」といったミステリ史を語る上では避けては通れないトピックにまつわる不可解で不合理な要素の数々を、SFのガジェットを用いて理屈付けましょう、という短編集です。

 ノックスの十戒にはなぜ「中国人を登場させてはならない」なんて奇妙な禁則事項が科せられているのか、どうしてクイーンの『シャム双生児の秘密』には「読者への挑戦」がないのか。SF小説の体を採ってはいるものの、そこで展開されるのは本格ミステリジャンル全体を俯瞰しての評論であり、与えられた疑問点からトンデモ気味な解答に着地させるつくりは歴史ミステリのそれに極めて近似した手法だったりします。
 収録作の中では異色の「バベルの牢獄」も、その無駄すぎる労力と隠されていた目論見のくだらなさ(勿論、褒め言葉です)はバカミスそのもので、そうした意味でも本作は立派な本格ミステリといえるでしょう。

 惜しむらくは、表題作「ノックス・マシン」や「論理蒸発――ノックス・マシン2」は確かにミステリ論を組み込んだ小説としての面白さがあるのですが、肝心のネタ自体はそれほど斬新なものではなく、ある程度SF馴れしている読者にとっては割合ありきたりな展開に感じてしまうことですね。
 何年か前に第1回島田荘司推理小説賞を受賞した寵物先生『虚擬街頭漂流記』と同様に、あくまでもミステリジャンルだからこそ評価された作品であって、ことSF分野から見た場合はそこまででもないかなぁ、と。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析