積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 12 第7話「目撃証言」


★★★☆☆

 スタンダードでコンパクトにまとまった社会派エピソード。証言の捏造による冤罪の発生、それによって人生を狂わされてしまった人間の悲劇と無念は過去にも「贖罪」などで触れられていたとおり。今回はそこから一歩踏み込んで、嘘の証言が“真実”に取り替わってしまう過程、目撃証言によって裁かれた人だけでなく、ことのあらましを話した側の生活までもを変えてしまう影響力の大きさを描いています。
 筋立てとしてはなかなりわかりやすく、主要な関係者が挙がってきた時点で最終的な着地点が見えるため、展開への驚きがあまりないのが物足りなくもありました。あくまでも手堅く固めた『相棒』らしい通常回、というのが感想でしょうか。
 三浦さんがいなくなった影響からか、段々と芹沢くんが小狡くなってきているところも注目です。よもや中園参事官を誘導して刑事部長に特命の捜査を認めさせるとは。驚きました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析