積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ Season 3 第1話~第2話


 2015年末には『EP7』、来年には『Star Wars Rebels』が放送開始ということで、『CW』をさっさと片付けてしまおうとレンタルしてきました。本当はBOXも欲しかったのですが、未公開エピソードがどう転ぶかわからないので、とりあえず今回のコンプリートBOXは保留ということで。

 さて、Season 3 のオープニングは Season 1 第5話「ルーキーたち」の前日譚に当たるドミノ小隊の訓練生時代のエピソードと、時系列的には最新となるカミーノ侵攻の2部作。時間的にはかなり間の空いた2つのエピソードなのに、続けて見るときちんと繋がっているというのは、『CW』に限らず『SW』スピンオフの特徴です。
 カミーノのトルーパーたちはジェダイ・マスターのシャアク・ティと傭兵たちによって育てられている模様。シャアク・ティはアソーカと同じくトグルータですが、キャラデザによる線の細さが実写版よりも美人に感じさせます。
 スポ根ドラマばりのドミノ小隊の衝突と和解、卒業までの流れも見どころですけれど、それ以上に魅力的だったのが教官陣ですね。シャアック・ティ、エボダイちっくな見た目の傭兵教官のブリック、アルコーナのエルレスそれぞれがそれぞれに別の視点からトルーパーたちを見守っており、落第生のドミノ分隊が機転を利かせてテストをパスさせた際の喜びようも印象的でした。

 設定面では、ジャンゴ・フェットの死亡により、新鮮な遺伝子が提供できなくなり、それによってクローンの劣化が始まってきているという点も興味深いです。クローン大戦初期は機械的でありコードナンバーしかなかったクローントルーパーたちが、やがてそれぞれに名前を持ち、個性を花開かせていくようになったことへの補完がこうした形で為されるとは。
 遺伝子劣化によって誕生した“失敗作”の99号と、彼を巡る物語も「クローントルーパーとは何か」を論じる上では外せないでしょう。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析