積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

古野まほろ『天帝のやどりなれ華館』

天帝のやどりなれ華館天帝のやどりなれ華館
古野 まほろ

幻冬舎 2013-03-21
売り上げランキング : 27469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
東京駅に直結する「東京鉄道ホテル」に宿泊することとなった、勁草館高校3年・吹奏楽部所属の修野まり、峰葉実香、柏木照穂。高校生なのにブラックカードを持つ超お金持ちの修野まりのおかげで、宿泊代が特段高い、ホテルに6部屋だけ存在するメゾネットルームに宿泊した彼らは、別のメゾネットルームの宿泊者がすべての孔から血が吹き出して死亡する場面に遭遇。外へ助けを求めようとした矢先、メゾネットルームは政府によって隔離されてしまう。脱出不能の華館に蔓延する致死ウイルスと忍び寄る殺人鬼に、刻々と近づくタイムリミット――絶対絶命の状況に、3人の高校生が挑む。


「天帝」シリーズ 第6作。
 講談社ノベルスから幻冬舎に版を移してから2作目となる「天帝」シリーズの最新作は、かねてより予告されていた『天帝のやどりなれ華館』。合間に『墓姫』を挟んだこともあって、『華館』がどうなるのかと気が気でなりませんでしたが、こうして無事に刊行されました。長かった、本当に長かった。
 本作はシリーズ第6作にして古野まほろが不在の番外編であり、時系列的にはまほろが満州に逃れていた頃――『果実』『御矢』の間にあたる時期のエピソードです。そのため、語り部は柏木と修野嬢、峰葉さんの3人が交代で担当し、ルビも装飾も控え目でびっくりするほど読みやすい。やはり、「天帝」シリーズの過剰なまでの衒学趣味はまほろの一人称だったからこそ、という事実を改めて認識させられました。

 物語としてもがっつりウイルス・パニックが展開されるのですが、そうした時期設定の都合上、主要キャラの3人が生き残るのは確実であり、サスペンスとしての緊迫感をやや削いでしまっている感も否めません。
 ウイルス汚染下で終末的状況にある中で起こる連続殺人事件という特異なシチュエーションにありながら、要の謎解きは堅実堅調。驚くほど手堅く、地に足の着いた論理で真相を詳らかにしていく一方で、梓崎優の「叫び」で見られたようなウイルスが蔓延する最中だからこそ実現する異質の論理や、発想のアクロバティックさに欠けるのも勿体なかったです。犯人の動機や犯行手段も至極真っ当なものであり、極論、殺人事件だけ抜き取ってみれば、アウトブレイクものである必要性があまり感じられないというのが本当のところ。
 「複数人による推理合戦を行った場合、最後に披露される謎解きが正解である」という究極的な問題を回避するために導入されたアイディアも、あまり上手く機能していたとは言い難く、ミステリとしてのレベルが低いわけではないけれど、総じて設定負けてしまった印象が強いです。

 ちなみに、本作で描かれた東京駅テロは『群衆リドル』の元凶となった事件そのものであり、「探偵小説」シリーズがなぜコモの独壇場になったのかがフォローされるばかりか、事件関係者には『セーラー服と黙示録』のホワイダニット娘こと葉月茉莉衣の母親が、柏木の読んでいる本が『復活:ポロネーズ 第五十六番』だったりするなど、各シリーズ作品とのリンクも一際強く、現時点におけるまほろワールドの最重要作だったりします。まほろファンであれば、必ずや押さえておきたい一作でしょう。

 なんだかんだで残る祭具は「黄昏のギャラルホルン」ただひとつ。どうやら衛星軌道上に存在するらしく、「天帝」シリーズ次作は宇宙が舞台の真空密室とか普通にやってきそうで怖いです。
 その前に「セーラー服と黙示録」シリーズの新作長編、外田警部主役のスピンオフ、栄子さんをフィーチャーした短編集等、年内は出版ラッシュなので、こちらも要チェックですね。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析