積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア DINO-TANK hunting』

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル <同時収録> 大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア DINO-TANK hunting [Blu-ray]ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル <同時収録> 大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア DINO-TANK hunting [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2013-12-25
売り上げランキング : 804

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
ウルトラマンたちが存在しない宇宙「プラズマギャラクシー」で、プラズマ怪獣からプラズマソウルを獲得するのを生業としている宇宙人ハンターたち。宇宙人ハンターのバルタンバトラー・バレル、ガッツガンナー・ガルム、マグママスター・マグナは砂漠の惑星にたどり着く。高機動力で目前に迫る恐竜戦車マークIIに対し、3人の宇宙人ハンターは戦いを挑んでいく。


 『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』と同時上映のフルCG短編アニメ。データカードダス筐体『大怪獣バトル』の流れを継いで新たに登場した新ゲーム『大怪獣ラッシュ』の世界観をアニメの世界の落とし込んだショートムービーです。
 本企画が発表されたのは『ウルトラマンギンガ』とまったく同時のタイミングで、これからの円谷プロを支える重大プロジェクトのひとつでもあります。
 記者会見の際にお披露目されたバルタン星人のリファインはあまりにもカッコ良く、まさかこういった形で映像化されるとは思ってもみませんでした。

 短編ムービーであるために深い説明やストーリーは省かれ、恐竜戦車とバレルたちチームとの戦闘に絞られて描かれる本作。短いながらに老練なガルム、血気盛んなマグナ、冷静沈着で極めてクールなバレルの性格と関係性をハンティング中のやりとりでさらっと見せてくれ、CGアニメのクオリティの高さも相俟ってかなり満足度の高い作品となっています。
 日本ではCGアニメというジャンルはあまり隆盛していませんが、単純に映像クオリティだけ見れば、米国の『SW クローン・ウォーズ』に引けをとらないのではないでしょうか。まぁ、これが30分作れるかどうかという差はありますが。
 こうした映像を見せられるとついついフィギュアが欲しくなってしまうのが特ヲタの性ですけれど、『ウルトラマンギンガ』に『大怪獣ラッシュ』と魅力的な新キャラクターが数多く登場し、ひと昔前ならばHGシリーズのラインナップにイチ早く取り入れられそうな大チャンスなのに、いまのバンダイ(特にガチャ関連)にはまったく期待できないのだから、悲しいものです。

 尚、『大怪獣ラッシュ』シリーズのCGアニメは『新ウルトラマン列伝』内にてシリーズ放送されることも決まっているので、こちらも楽しみにしておきましょう。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析