fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『フライト・オブ・フェニックス』

フライト・オブ・フェニックス [Blu-ray]フライト・オブ・フェニックス [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-08-04
売り上げランキング : 90456

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
人間が生きていくには愛する相手が必要だ。それがムリならせめて希望がほしい。
希望もないなら――仕事を与えてくれ

毎度お決まりの無難な仕事のはずだった。貨物飛行機の操縦士フランクは、閉鎖された石油採掘所のスタッフと廃材を運ぶため、ゴビ砂漠上空を飛行していた。が、突如発生した巨大な砂嵐により、アンテナと左翼エンジンが損傷、やむなく砂漠のど真ん中に不時着する。着陸のショックで激しいダメージを受けた機体はもはや離陸不可能、外部からの救援を待つしかなかった。しかし、コスト削減のため採掘所を閉鎖した本社が、彼らの捜索部隊に予算を費やすとは考えにくかった。奇しくも時期は7月、ゴビ砂漠が1年のうち最も暑い季節であった。苛酷な環境、残り少なくなっていく物資、そして砂漠に群生する武装集団による襲撃……数々の困難に直面しながら、彼らは生き延びるために残された唯一の道を辿ることになる。まさに"不可能"としか思えない道、それは、機体の残骸から新しい飛行機を造り、この砂漠を脱出することだった――。(2004年 アメリカ)


 1965年製作の映画『飛べ!フェニックス』のリメイクということですが、オリジナルは未見。
 「脱出手段がないなら自分で作っちゃえば良いじゃない」とマリー・アントワネットばりの発想で、事故により砂漠に取り残された人々が墜落したもう機体からもう一機新しい飛行機を作って脱出を試みるというトンデモかつおバカ映画かと思いきや、これがなかなかちゃんとしていてびっくり。地味ながらに良い映画でした。
 一応、ジャンルとしてはサバイバルものに該当すると思われるのですが、別段怪物や獰猛な野生生物が出てくることもなく(唯一、砂漠の盗賊が出てきますが)どちらかといえば極限状態で生きる人々の心と心のぶつかり合いの方に焦点が置かれ、単純な“人が死んでぎゃー”なパニック映画とは一線を画す内容となっています。

 見込みの薄い救出隊の捜索をただ待っているくらいなら、不可能だとわかっていても自分の足で永遠歩いていく方がマシ。そうやって墜落場所からひとり去っていったリドルとフランクが会話を交わすシーンはまさに人間の真理というべきで、新しい飛行機を作る作業が乗組員にとってどういう意味を持っていたのかということを端的に表しています。
 事実、悲嘆に暮れていた彼らが、飛行機を作るという作業を開始して日々を前向きに過ごすようになり、最初からの仲間のように絆を深め、家族か或いはそれ以上の存在にまでなっていく。そういった過程がきちんと描かれていることにとても好感を持てます。
 また、始終怪しい動きを見せる自己中心的な設計士にして最大の不協和音・エリオットの存在などサスペンス的な要素でも飽きさせません。

 映像面ではバッドランド@スタートレックのような乱発する砂嵐や雷シーンのCGの出来が美しいのはもとより、砂漠の朝の冷たさを思わせる少し暗の掛かった場面、フラッシュフォワード的な再現映像など、こちらもかなり手が込んでおり、一見単調になりがちな一面の砂景色を上手く見せていると思います。

 エンドロール前に、その後が描かれるのもまた良いですね。

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析