積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ウルトラマンギンガ 第3話「双頭の火炎獣」


 『ウルトラマンギンガ ソング&ミュージック』に収録されている「ウルトラマンギンガの歌」が、改めて素晴らしすぎる。ギンガ初お披露目の予告編から掛かっていた印象的なBGM「ウルトラマンギンガのテーマ」に最近の「ウルトラシリーズ」にゆかりの人々が歌を付けた曲なのですが、これがもうイントロから鳥肌モノの恰好良さ!
 大人数による畳み掛けるような疾走感といい、神々しさを感じさせるコーラスといい、こういったタイプのテーマソングはちょっとこれまでの「ウルトラマン」には見られなかったタイプですよね。宮野真守の「DREAM FIGHTER」も「ウルトラ」主題歌としては新風でしたけれど、この「ウルトラマンギンガの歌」はそのさらに先の扉を開いた名曲だと思います。

 さて、本編。今回は双頭怪獣キングパンドン(SD)が登場の健太フィーチャー回――なんですが、これはやっちまったなぁ!(言わずもがな、クールポコ風に)
 言葉足らずに説明不足、場面と場面の繋ぎは不自然すぎるし、かと思えば戦闘シーンで妙な間があったりして全体にちぐはぐで物語が成り立っていない。無用に顔のアップばかりを多用したり、ギャグ調のやりとりを挿んだりしているのも完全に滑っており、演出も見難いことこの上ない。まるで、放送時間内に脚本に書かれたことを収め切れなかったため、大幅に内容をカットしてしまったかのような拙い出来です。
 パンドンにダークライブするユウカさんなんて、何の描写もなくいきなり出てくる唐突さです。こういった話なら、まずはユウカさんが放火する場面を描くか、それがないにしても、せめて千種や健太と出逢う場面くらいは視聴者に見せておかないと。

 テーマにしても同様で、健太はたぶん美鈴のことが好きで、けれど彼女はヒカルと良い感じで、それが写真への情熱を失わせることになって。そんなとき、目の前に現れた自分の写真を求めてくれるお姉さんに、彼は目移りしてしまうわけですよ。
 でも、結局のところそれは逃避でしかないので、本命である美鈴が自らの懸命な逃避行為すらも邪魔しようとすることに健太は怒りを覚える。幼馴染みとの友情と恋、嫉妬と羨望が入り混じるギスギスした感じはところどころで覗くには覗くものの、それを上手に本編の中に組み込めていない感じがしました。
 パンドン戦もなー、タイトルにもってくるわりには大した戦闘もないし、炎のイメージ映像等、表現が噛み合っていない部分もあってあまり好ましくはありませんでした。

 次回は千種主役回。ある意味では今週と同じテーマの作品っぽいので、素直に期待しています。勿論、何故か自我を失ってジャンキラーとして存在するジャンナインの本格参戦にも注目です。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析